--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 03. 17  
夫の人がいろいろと手に入れてくれるので、「蒼天航路」に続き、福本伸行氏の作品や、ハリー・ポッター最終卷やらに読みふけっている。
ちなみに、我が家の最寄り駅の上石神井というのは、周辺にはやたら古本屋があったりするのであった。

それにしてもハリポタ面白いなぁ。ちょいと困るのは、前作を読んでからあまりに年月が経ったため、流れをほとんど忘却してるってことなんだけどw

さて、前々から是非読みたいと願っていた福本伸行氏の作品なのだが、想像通り、大変な求心力のある作品である。一見、泥臭くて、上手だとは言い難い画なのだが、この人の描画は実に巧い。ガンガンと引き込まれて、容易に離れられなくなる魅力がある。特にアカギと死闘を繰り広げる鷲巣のジーチャンのインパクトといったら、筆舌に尽くしがたい破壊力。「読め。とにかく読め」としかこれはもう。
だが、困ったことに、かなりテンバラで入手されている関係上、私の無知もあいまって、混乱もあったのだった。例えば「アカギ」は14巻セットだったのだが、私はちょいとした勘違いでこれを完結作品と思いこみ、「えーっ! 終わってないよ!? てか、このバトル、終わるまで読まないと気がすまないよ!('Д')」と叫んだのだが、その後wikiで調べてみると、なんとまだ連載中であり、しかもアカギと鷲巣のジーチャンは延々と戦闘中なのだという……っ!(半荘6回にもかかわらず)
何年かけとんねん。

そして「カイジ」の方は、これまた私の勘違いのなせるワザで、主人公がいきなりタコ部屋に放り込まれて地下労働させられていて、なにやらかつては大きな実績を上げた人物らしいけど、今は雌伏しつつ挽回を狙っているっていう復讐譚みたいな話なのかな、と読み続けて……さすがに妙だな、とwikiを見たら、私の読んでるの、第2部じゃん!w
1巻ってなってるから何の疑問も持たなかったんだヨー(⊃д⊂)
これから「カイジ」を読む方は、なにとぞ
1.黙示録
2.破戒録
3.堕天録
この順番でお読みください。

ああっ、アカギとカイジとハリポタと、どれも途中で読み順が混じりまくってしまった。どれを優先して読もう。なんて幸せな悩乱だろう♪

関連記事
NEXT Entry
ハリポタ読了
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
NO TITLE
福本作品ならぜひ「最強伝説黒沢」を。福本作品では珍しくギャンブル一切なしですが、とにかく黒沢のキャラクターが秀逸。人間の生き様というやつを見せてくれる作品です。要所要所にちりばめられたギャグもキレまくってる傑作。ぜひご一読あれ。
他にも「銀と金」もオススメですよ~。
NO TITLE
福本絵のダンブルドアを創造想像したぢゃないか!
NO TITLE
新城君>
しょうじき、私はバクチにいっさいの関わりを持ちたくない人なので、脳みそがついていかない麻雀の待ちの云々とか、人心をズタボロにしていく賭博界のアコギなシステムとか、苦手もイイトコなんですよ。それなのに、特に麻雀についてはワケがワカランままなのに読まずに居られなくなるというこの驚異。ギャンブル抜きはいいですね>黒沢
あと、アカギの元々のラストエピソードがあるという「天」が今一番読みたいです。結局、アカギ萌えなんやね(*´д`*)

夫の人>
福本画のダンブルドア、いーじゃん! いーじゃん!!
できれば若き日のダンブルドアがいいな。最終巻で明らかになるけど、あのジーチャンも相当な波瀾万丈だったみたいだから。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。