--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 05  
2日前の日記で水嶋ヒロ君と絢香ちゃんの結婚を祝したわけなのだが、これを書いた時点ではスポーツ新聞がすっぱ抜いた記事だけがソースだったので、より詳細を知りたくて、夜の記者会見を待っていたりしたわけだ。

そこで語られたいろんな事実に、思わずうーんと唸っているのである。
これはヤバイ。いろんな意味でヤバイのだが、何が一番ヤバイかって、新妻であるところの絢香ちゃんが病気のため、年内いっぱいで活動休止する、という点である。しかも無期限で。療養しつつ家庭内でのヒロ君のサポートにまわる、ということらしいのだが。
この日の日記内で私はこう述べた。
『彼女が本物のシンガーであったならば、そういう人と共にある人生というのは、平穏なものではありえない』
今はこう言わざるを得ない。
彼女が本物のシンガーであったならば、歌うことを封じてカゴの鳥の人生を強いたならば、待っているのは生き地獄であろう、と。
聴けば聴くほど、彼女の歌は魅力的だ。力強さと豊かさがある。これからどんどん伸びてゆける可能性もある。そして、その魅力も華も、歌うことそのものから生まれ広がってゆくものなのだ。繊細で神経質で、ナニカを追い求めてやまない渇望のようなものに満ちている雰囲気のヒロ君が、この強さ豊かさに憧れて結婚を望んだ気持ちも良く判る気がする。彼女はきっとその渇望に応えて彼を支えてくれるであろうと、私は彼女の歌声一つで信じたのだ。
そしてこれは、あくまで彼女がシンガーであることを前提とした場合の話だ。
歌手活動を止めてしまったら、その肝心要の要素が雲散霧消してしまいかねない。
「シンガー」であるとは、そういうことなのだ。
若い2人の幸せのために、一日も早い病の全治と、歌手活動の復帰を願うものである。

ヒロ君、君も引退するべきなんだ。
進行中の仕事もあるし、事務所との契約もあるだろうし、すぐにはとうてい無理だろうが、本当の意味で愛妻を守っていくつもりならば、彼女に自分をサポートさせるべきじゃなく、君が裏方として彼女のサポートに回るべきだ。仕事を頑張って金を稼ぐことだけが守ることじゃないんだから。
仕事を頑張る、という面については、なにせ現状、ますますハードな日々が続くだろうから。
2月22日に入籍して、事務所に報告したのが4月1日、という談話は事実なのかな。この点は私は疑っているけど、まぁ事実と受け取った場合。
ハードの意味合いがまったく違ってくるんだけどね。
芸能界という厳しい社会で、人間としての信義、プロとしての信義、このどちらをも踏みにじった行動の代償がどれほど大きいか、身をもって知ることになるだろうということ。
しかし、もし何事も起こさず、独身として仕事を続けた場合、今よりもっと売れっ子になってしまって、休みも無ければ自由も無く、勘違いして押し寄せる人間ばかりが増え、自分自身とはまったく異質の偶像ばかりが肥大してどこに行こうがその偶像ばかりを求められる虚しさ辛さも増えていっただろう。そして売れたばかりにそこから抜け出す道も見えなくなって行きかねなかったろう。

もしも、そこまで見越して、スムーズに仕事を減らして引退するべく強行した入籍であるというなら、その計算高さと生粋の破壊者っぷりはますます私の気に入ってしまうところなんだけどね。

でもヒロ君、仮に私の息子が君の立場だったとして、これをしでかしたのであれば、私は問答無用で殴り倒す。地べたにはいつくばるまで容赦しない。そして、この行動で迷惑と損害を被ることになる関係者の皆様に土下座で謝罪してこいと怒鳴りつけて叩き出す。仮に君自身が私の息子であったとしても同じ事だ。
成人して、すべての行動が自由と自己責任の歳だとしても。
それでも親のやるべきことというのはあるんだ。







とかなんとかグダグダ赤の他人様に説教ぶっ垂れてみたところでヒロ君がこんな場末の木っ端ブログを見てるはずもないし完全なる自己満足だわなぁ(´_ゝ`)
関連記事
NEXT Entry
アニメ蒼天航路
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
NO TITLE
よく知らないんですが

 3か月:5.9倍
 6か月:3.2倍
12か月:2.1倍
18か月:1.2倍
36か月:3.3倍

これぐらいかねー
Re: NO TITLE
鈴木さん>
これ、なんの数値でしょう?
すいません、さっぱり判らないんですが(´・ω・`)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。