--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 04. 08  
ヒロ君ショックの嵐(某所では「水嶋の乱」と命名されたそうな)が数日ネットを吹き荒れていたわけだが、まぁ私も恥ずかしながら祝ったり驚いたり心配したり憤ったり絶望したりのマッチポンプな状態できわめて不安定だった。
ようやっと、憑き物が落ちたみたいにホッとした気分になりつつある。
TVのワイドショーなどでは、相当無理矢理な編集を行ったりして、とにかく美談にしてしまえ! という動きが示し合わせたように放映され続けたようだし、ネットの方は可愛さ余って憎さ百倍とばかりにアンチに転じた乙女達の半狂乱悲憤慷慨外面如菩薩内面如夜叉な絶叫が昼夜問わず垂れ流され、情報が虚々実々の味噌も糞も一緒くたの一大カオスの有様であった。

いやぁ面白かったwww

結婚報道後初のヒロ君のブログでの挨拶文がこれがまたなんとも味わい深い内容であったことが、新たな困惑を蒔いたりしたのだけど……ブログと言っても所属事務所運営の有料サイトコンテンツ扱いであるため、内容を引用転載はできかねるのが残念であるが。
入籍を1ヶ月以上も隠し、事務所にも秘密にしていたことについての謝罪は一切無し。決断に理解を求め、今後もハラハラさせるだろう、と予告し、応援してくれた(過去形であることに注目)ファンに謝辞を述べ、個人的に付き合いがあるらしきご老人の言葉を自己肯定として記して終わる。
いやもう、いっそ爽快なまでに潔い開き直りで、私は台風一過の青空のようにスッキリとしてしまった。

やっぱり、この子、好きだ(^◇^)♪

あのブログの潔さ、もしかしたら契約してる限りの仕事が終わったら俳優はスパッと引退するつもりなのかもしれない、と感じたし(もともとタレント志望でも何でもなかった子ではあった、他にやりたいことのための資金稼ぎのつもりでモデルを始めたらあれよあれよ……という経緯でここまで来たわけだし)、もうそれはそれで一向にかまわない、と思う。転身してデザイナーになろうが実業を始めようが病癒えた絢香ちゃんのプロデュースに回ろうが、そりゃぁタレントでなくなってしまったら、あれほど麗しい、そして誰にも真似できない趣のオーラを放つ美顔美体をほとんど拝めなくなってしまうし、それは確かに惜しいところではあるのだけど、彼が決めて彼が選んで自己実現していく道であるなら、それをずっと見守っていきたいと思うのだった。

この際、極端な話、教祖だの啓発者だのてなキワモノでも、もう一向にかまわんです。ニコニコと、文字通り拝みに行ってしまうかも知れない。50ババァが拝みやすいのはどっちかって言うとアイドルよりはソッチ方面だしなぁw

ただーし! 上記の一項の場合にはキビシイ条件をつけるものである!

どんな教義だろうがご指導だろうがお説教であろうが、それにオリジナリティがなければならない、という一点だ! 
ヨソから吹き込まれた拝借モノかそうでないか、つまり「オリジナル」かどうかなんてのはとっとと見破っちゃうぜーw
こちとら伊達に40年オタクをやっちゃいないのさっ!(・∀・)

しかし私もどこまで魅了されてんだか。いや、しょうがないよ……(実はごくプライベートな事情もあるけど)何をいうにも、天の道を行き総てを司る人だからねぇ。逆らえませんよ、エエ。

関連記事
NEXT Entry
拒謝心
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
NO TITLE
......オレの体にはシマヒロ型の爆弾が......

.......オレの台詞じゃないよ。大好きな本に書いてあったんだ。
...............あれ、誤植?
Re: NO TITLE
夫の人>
元ネタがわっかりましぇん(´・ω・`)
嶋ヒロっつったら、SEGAのワールドディストラクションってゲームのCMでイジられた時のネタでもあるけど。
NO TITLE
ヒロシマ型爆弾てどこのネタだったか思い出せない・・・


前回のコメに書いたのは「自分が胴元する場合のオッズ」です。
賭けるなら「半年」ですがねHehehe
Re: NO TITLE
鈴木さん>
夫の人が思い出せず、鈴木さんですら思い出せないことをこの私が思い出せるはずないわーっ(゚∀゚)ホホホ

なるほど、オッズでしたか。理解しました。
理解できないのは、その月数が何に至るまでの月数なのか、ということです。
もしかして私がヒロ君に愛想を尽かすまでの期間?
3年以上はかかる自信あるお(^ω^)オッオッオッ
水嶋ヒロ君
初めまして。お邪魔しますm(_ _)m

私もショック受けましたが、でももうどうなってもこの子を応援していきたいという気持ちには変わりは無いなと。 

やはり個人的に好きなことには変わり無くて。 
そのうち辞めちゃうだろうな、て容易に想像の付く言動してましたしね、それがちょっと早すぎた気もしますが…。 で
ももうどんな分野に進むにせよ幸せになって欲しいと心から願っています。

そこまで割り切れない元ファンとアンチを装ったライバル事務所関係者などが叩いてるんだろうな、と思います。
Re: 水嶋ヒロ君
はじめまして、さとこさん。いらっしゃいませ。
お気持ち、大変よく判る気がします。私のような大年増でもやはりショックがあったわけですし。もし、20歳か30歳ほど若いころにこういうことがあったとしたら、逆上の果てになにをしでかしたか……自分で自分にゾッとしますね。
私も生まれた頃からオタクだったわけではなくて、中学生くらいまでは、ジャニ系アイドルや洋楽アイドルを普通に追っかけたりしてましたし、アイドルへの恋着、アニメなどの架空キャラへの恋着、実際の身近な異性への恋着、どれも渾然一体としていすぎたために、未だに「私の初恋の相手って誰なんだっけ? 確定してなくね?」と首を捻る、そんな青春だったわけです。

相手が架空のキャラだろうと、逢ったこともない芸能人だろうと、身近に居る人だろうと、「恋愛」あるいは「萌え」というものの本質は実はまったく変わらない、同質のものだという結論を今はもっております。
そこに誰かが存在して、その人に夢を見る、夢を信じて幸せになる。
夢破れれば不幸になる。
他人の存在で幸せになろうとした心は、不幸になった心の責任も、やはり他人に負わせずにはいられなくなる。可愛さあまって憎さ百倍というのは、つまりそういうことだと思うのです。
心に傷を負った、と感じる人も大勢おられると思いますが、それも体験として人生を豊かにたくましいものにしていって欲しいと願います。

息子と変わらないほど年若いヒロ君に、私が抱いた思いは「恋着」というよりは「萌え」と呼ぶべきものでして、彼のどういうところにそれが発生したかというと、「破格」な部分だと思うんですよ。
並々ならぬなにか、とか、普通でないなにか、とか、ありきたりな平凡とあまりにかけ離れたなにか。そういったイメージがオーラとして全身からにじみ出ているようなたたずまい。
今回の彼の結婚が物議を醸したのは、本来とくに社会的であるべき行動のはずの「婚姻」が、常識から逸脱した形になったゆえだと思いますし、私ですら「まさかそんな、あの真面目な子に限って!」とショックを受けたわけで(なにやら、古今東西変わらない、子供が非行に走ったと聞いたときの親の典型的なセリフって気がしますがw)、でもよくよく思い返せば、彼が「破格」「特別」「非凡」だからこそ好きになったわけなのに、「普通の常識から外れた」といってキライになるってのも非論理的な話でございます。
ヒロ君はいかんなくヒロ君らしい。
そう思い至った瞬間、なんだかこちらの心まで晴れ晴れとしてしまったのですよ( ̄▽ ̄)~*
彼自身の自己実現を貫いて幸せになっていって欲しい、どんな道に進むにせよ……これは本当にさとこさんと同じ気持ちです。

でも、俳優としての仕事はまだまだあるはずですよね。いずれ辞めるとしても、それは全力で頑張って欲しいです。ミスター・ブレイン、おおいに期待しているんです。やる側にとっても観る側にとってもハッピーな作品でありますように!ヽ(´ー`)ノ
感謝w
御丁寧なレスを頂きまして、本当にありがとうございました。
私、三十代なのですが、初めて芸能人に「片思い」という不思議な感情を抱きました。自分でも驚いています。失恋を芸能人に対して初めて味わったのです。

ですが、星ゆう輝さんの恋愛論で救われました。こんなことは友人知人家族には今更言えないのです。いい年して何をしてるんだ、アボカドかとバナナかとと笑われるのが落ちですし。ここで書かせて頂けて本当に「感謝」(笑)しております。

彼は大変真面目ですが、自分の感情に対して真面目なのであって、よくいう己に忠実なタイプなのでしょうね。結果周囲は混乱するけれども、本人はとても正直に嘘をつかず生きて居ることで満足しているようです。

彼は仰る通り、型破りで破格な存在ですね。

ただ、どうであっても、人として幸せで居て欲しい、トラブル、挫折などとはできるだけ無縁でいて欲しい、と老婆心ながら願ってしまいます。 本人の性質上、これからもひやひやすることは起こすでしょうけれども……

現実を見て、着実に地に足を付けて、一歩一歩確実に夢を実現させて欲しいと思います。若さ故の過ち、では済まされない社会の厳しい現実に面して、失敗の回復のための人生になって欲しくないのです。

自分のやり方、考え方を改める謙虚さや現実認識感を持ってほしいです。 落ちぶれた彼など絶対に見たくありませんし。 今回、戦略を見事に間違えたと思いますが、それでもまだ若いですからこれでお終いではありませんし、兎に角仕事に頑張ってほしいです。 新ドラマも楽しみにしています。

長々とありがとうございました。
Re: 感謝w
さとこさん>
こちらこそありがとうございます。
ヒロ君のことを話あえる人が私も周囲には居ませんので……気の毒に、夫の人がしばしばエジキとなっておりますが(何でオレがブツブツとか内心思っているやもしれません)。
誰かを好きになることは、物思いも増えることだと思います。誰に言うでもなく秘めることも趣深いことですが、辛さがそこにある場合、秘めているのも悪循環を呼ぶことも多かろうと思います。
mixiなどのSNSでのコミュニティや、公式サイト(ヒロ君の場合有料ですが)などには、語れる場もあると思いますので、そういう所を活用なさってみるのも良いかも知れません。もっともそういう場も、あるいは匿名掲示板のような場も、いずこもその場なりのルール、様式があって、あまりに外れたこともできなかったりしますが。
制約に縛られず、さらに自由に思いを開放出来る場として、ブログはかなり有効であります。たいへん端正で整った文章を書く力をお持ちですし、まとまった長文を自ブログという形で発信なさってみるのも良いのではないでしょうか。
自分自身が年中放言を垂れ流している立場から申し上げますが、物思いを溜め込むのは実に実に、心身に良くないことが多く、こうして文という形にまとめて書きつづるだけでも、驚くほど多くの効能があったりするんです。


ヒロ君がトラブルや挫折から縁遠くあって欲しい、着実に進んでいって欲しい、と願われるのは、さとこさんの心優しさのあらわれだと感じます。心配も尽きぬかと思います。

私は実はかなり考えが違うんですね。
基本的に、「傷つきもせずに成長できるはずがない」という考え方をしてしまいます。鉄は打たれて強くなる、ということですとか。
私も若い頃は自分も傷つき倒れる事が多かったこともあり、傷つけることは罪であり、傷つかないことが善いことだと思っていました。
しかし、これくらい歳をとってくると、傷つく痛み、苦しみ、哀しみ、それらすべてが成長と変化にどうしても必要なことであるのだ、と感じずにはいられないのです。
なのでヘタすると「オラオラっ! これくらいで音ェあげてんじゃないよっ!」とか言ってしまいそうです……(;^_^A

これは憶測ですが、彼は、そういう「苦の価値」には気がついているのではないか、と思っています。努力、苦労、辛さが必要である、ということに。
そうでなければ、恥骨が粉々になるまでサッカーの練習に打ち込めたりはしないのではないかと思うのですよ。

苦酷も肥やし。挫折は新たな種。失敗は成功の母。冷厳もって慈悲。
気がもめて仕方ないお気持ちもとてもよく判りますが、心配のあまりにご自身がすり切れることのないよう、こういう視点も覚えていてくださると良いかと思います。

基本的に放言し放題の私のブログですが、気まぐれにまたヒロ君について書くこともあるかと思います。また幾度でも、彼についてさとこさんとお話できることを願っております。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。