--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 05. 20  
我が家はラジオと縁が薄い。FMだろうとAMだろうと、ガンガン流す、ということがまったくないのだ。
だが伊集院光氏の月曜JUNKは夫婦揃って中毒的に大好きで、もう何年も毎週聴いている。私は半田健人君のオールナイトニッポンも大好きなので、こちらもきょくりょく聴くようにしている。
でもそれだけ。
キレイさっぱり他は無し。以前はPodcastで鴻上尚史氏や唐沢俊一氏なども聴いていたのだが、配信形態が変わってしまったらそこまでとなってしまった。アニラジも少しは聴いたのだけど、コーナー形式など、あざとさが目立って、イヤになってしまったんだったなぁ。

そもそも夫の人はラジオに昔から縁が無いらしい。AMの電波入りは大変に悪いし、FMもほとんど聞き取れなかった環境だったのだと言う。なんでも、実家のすぐそばに米軍の大きな施設があったものだから、ラジオといってもFENがとにかく強烈に入るばかりで、他局の電波が圧倒されてしまっており、無いも同然だったそうな。

私は実家が山の上だったので電波状況に恵まれており、かなり深夜放送は聴いたクチである。
中でも一番懐かしいのが、KBS京都でやっていた「つボイノリオのハイヤング京都」である。水曜日に放送だったので、「ハイ水」と呼ばれていた。
とにかくハイ水は面白かった。他にも楽しいラジオはたくさんあったのだが、これは格別だったと思う。大変に卑猥なエロネタも多かったが、奔流のような教養ネタ噴出も頻繁、またリスナーの投稿のレベルが凄まじく高かった。これらの点は、現代の伊集院氏のラジオと共通する要素でもある。
ハイ水の凄さを示すエピソードとして、こういうのがある。
まず最初に聴き始めたのは姉だった。姉と私は好みも趣味も生き方もまったく共通点が無く、いがみ合いがデフォルトだったのだが、稀なことに、姉が喜んで聴いているハイ水に私もたちまちドップリはまってしまったのだ。
そして気がついたら、大正生まれの母までもが、毎週聴いているのである。
毎週水曜の深夜、姉の部屋と私の自室と階下の離れの母の部屋、てんでバラバラの3つの部屋から狂ったような爆笑が響き渡るという事態になっておったのだった。
下劣下品な内容も多かったので、私は何度かおそるおそる母に、気にならないのか、ええのんか? と尋ねたものである。
「たしかに気色悪いことも多いけど、腹の底から笑えるのってこの人くらいやしなぁ」
と言っていた。母はお嬢様育ちで気位が高く、特に芸能方面についての審美眼の厳しさと言ったらなかった。そんな母が心底喜んで聴いてる、という事実が結構嬉しく思えたものだ。

何年かのち、編成変更によって、「つボイのハイ水」はなくなってしまった。
深夜の代わりに、KBS京都の、一般向けの昼間の帯番組をつボイ氏は任されることになったのだそうだ。これはラジオ界的には「栄転」ということになるようである。
だがその後、母はこう言っていた。
「たまたま昼間のつボイの番組聴いたんやけど、まぁホンマ、さっぱりおもろないな。やっぱり昼間なんかアカンな。夜やったから、良かったんやろな」
昼間の放送と言うことは、主に奥様方や個人商店などで働く、大人の方たち向けの番組となる。
学生向けの深夜放送と同じノリでできるはずもない。
つボイ氏はDJとしてプロ中のプロである。完全なモードチェンジでお仕事なさっていたのだろう。
だが母には、猛獣が牙を抜かれた有様のように感じられていたようだ。

つボイノリオという個性と、若いリスナー達の破天荒なパワーががっちり噛み合って生まれた至福の娯楽空間。そこには世代や育ち、感性の壁なぞを軽々と破壊して浸透していく普遍性があったのである。誠に希有なことだったと思う。

先日、夫の人がネットに上がっているかつての放送をたくさん見つけ出してくれた。
久しぶりに聞き惚れて、シミジミと20数年前を回顧する。懐かしい。
ニコ動やyoutubeで、つボイ氏の名で検索すると、山のようにヒットするので興味のある方は是非……あーwラジオより、放送禁止歌の方がガンガン引っかかっちゃうかモナー(´∀`)♪

関連記事
NEXT Entry
機種変更ケテーイ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
No title
はじめまして 僕もハイスイふぁんですーした 45歳になりますが 高校生の時にはハイ水ずくしでした。
あの頃はすごく はがきをかいたりして 夢中になれていました。
Re: No title
大石さん>
はじめまして。1年近く前のエントリにコメントがつくとは、驚いたり嬉しかったりします。ありがとうございます。
つボイさん、本当に懐かしいですね。私はネタなどを思いつく頭が無かったので投稿はできませんでしたが、毎週恒例の「差し入れ」という名目の交流や、トークライブは行ったりしてました。面白いだけではなくて、リスナーをとても大事になさる方でしたね。送り手と受け手の絆の深さが、そのまま放送のクオリティに結びついていたと思います。
初めましてこんばんわ
たまたまググっていてここにたどり着いたので足跡と情報を残して行きます。
気付かれる事を祈って・・・・

12月24日に開局60年を迎えるKBS京都ラジオが12月23日から24日にかけて35時間に渡り、開局特別番組「サンクス60~おかげさまで60年。これからもKBS京都~」という企画番組を放送するそうですが、この中で、つボイノリオさんの番組「ハイヤングKYOTO」が公開生放送で復活するそうです(一夜限りらしいですが)
放送日及び放送時間ですが、2011年12月23日水曜日午後9時~午前0時前までがハイ水らしいですよ。
Re: タイトルなし
anonymousさん、お知らせありがとうございます。
本当につボイさんのハイ水は懐かしいです。月刊OUTと並んで私の青春ライフの基盤の一つでした。この2つはファンがけっこうダブっていたことなども思い出します。つボイさんもお元気なようで嬉しいです。
サイトを見てみましたが、音楽実技Bなどを改めて募集するんですね。これだけでももう笑いが止まりませんw
東京なので普通にはAM電波は入りませんが、なんとかして聴けたらなぁ、と思います。
ハイスイ
こんにちは 25年ぶりにつボイさんの番組にネタを投稿しました あまり 当時も読まれていませんでしたが 久々に読んでもらえて 当時を思いだした感じです ヤッパリ 当時のパワーは僕自身ないけど 楽しい時間でした
>>復活ハイスイさん

久し振りにつボイさんに投稿を読んでいただけたとのこと。
良かったですね^^
私も若い頃はラジオにポチポチ投稿をしたこともありました。
だけど読んでもらえたことは無かったと思います。競争率、激しいですよね。
ホントにまれに しか読んでもらえませんでした 投稿してないときの方が 楽しく聞けてたかも
でも やっぱり 投稿して 番組聞いてる方が宝くじ待つような ウキウキ感はあるかもしれないな 
やっぱ おっさんになると パワー無くなってしまってるなぁってつくづく 感じます 
勉強もしないで はがきばっかり書いてた頃が 懐かしいですね
Re: タイトルなし
大石さん>
本当に、色々衰えて来ているのは感じますね。仕方のないことですが。
体力や視力が衰えても愉しめるラジオは、今後さらに充実していくのではないか、と思います。
ラジコサービスやネットラジオなど、裾野は急速に拡大しています。お互い、ずっとラジオの愉しみに恵まれますように(^人^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。