--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 06. 10  
グイン最新刊「遠いうねり」発売日ということで、夫の人を駅まで送っていった帰り、開店準備中の駅前書店に傲岸にも押し入って「グインの新刊ありませんか」と要求する。
せっせと荷ほどきしていた店員さんが「ちょっとお待ちください」と店の奥に消えてゆき、すぐに1冊だけ掲げて戻ってきてくれた。
確認してお礼を言うと、店員さんが首をひねりながらこう言う。
「この巻で、最後なんですね?」

いいえ。今年いっぱいは刊行が続きますよ。

精算しながらさらに店員さんは言う。
「未完で終わっちゃうんですね」

そうとは限りませんよ。あの方のことですから、途中をすっ飛ばして最終巻を先に書き上げておられたかもしれませんよ。
タイトルだけは何十年も前から決まっていたんですから。




書店の店員さんと取り引き以外の会話というのは、そういえば今日までしたことなんか無かったなぁ、と思いつつ帰宅、一気に読了。
刊行は続くけれど、「あとがき」が付くのはこれが最後なんだろうと思う。日付は、サイト日記の最終更新の翌日。
最終巻があるのではないか、というのは全く完全に私の妄想の話であって、本当に存在するのかどうかということについては私は知らない。知る由もない。
「普通無いだろうけど、あっても驚かない」と思うだけである。何度も何度も吃驚させてもらってきた、どんなに驚くべきことがあろうと驚くべきではない、そういうスケールの方だったから。

いやマテ、もしも最終巻「豹頭王の花嫁」の原稿が存在するとしたら、多分あとがきも付随しているはず。「あとがき作家」という称号もお持ちであったことだしなぁ。




閑話休題。

杉田智和、と言えば、仮面ライダーキバのキバットバットや、ハルヒのキョン。
声質も芸風も、私はかなりお気に入りだった。

だが、彼がここまで濃厚なオタクだったとは知らなかった! 心底驚いた!('Д')
興味のある方は「アニゲラ! ディドゥーン!」で検索GOGO。ゲームについてが特に濃い。私はあまりゲームはやってはいないけど、それでも笑える。物真似も巧いし……ますます贔屓にしちゃいますわよw


関連記事
NEXT Entry
海老様
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
No title
>杉田氏
あの人はやばいです本物です、グルンガストの全長は?ときかれて即座に答え2式3式の話までして名前の由来ぐるっと回ってがすっと変形まで答える人です。
ちょうど絶望放送88回、89回がゲストなんで聞いてみるといいかもしれません。
>グイン
最終巻さえでれば・・・むしろプロットだけでもあれば・・・
Re: No title
ネゴ君>
絶望放送の88回、聴いた聴いたw
完全置き去りの女性が哀れだった。てか、狙ってるよね。構成的に。
あの絶望放送もかなりグレード高いみたいですね、言っちゃぁなんだけど、アニメタイアップのラジオなんて聴けたもんじゃないってくらい浅はかな内容が多いけど、絶望放送は姿勢が違う感じ。

プロットかぁ……どうなんでしょ、一応ラストと、その途中にポツポツ、という感じで里程標みたいな「あらかじめタイトル」はいくつも存在したはずなんですけど……。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。