--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 07. 29  
塩野七生「ハンニバル戦記」読了。

うっひょーーーーーーー!!
鼻血出るほど面白い!


青コーナー、カルタゴ出身、ハンニバル・バルカー!

「うぉおおおおぉおおぉぉーーーーっ!!」←漢に漢が惚れる系歓声

赤コーナー、ローマ出身、プブリウス・コルネリウス・スキピオー!

「キャーーーーーーーーーーーッ!!!」←オールマイティ360度隙無し黄色い声系歓声

細かいことを語るとキリも無いのだが、とにかくこの、カルタゴの天才戦術家・ハンニバルと、彼と何度も闘いながら、天才の用兵を吸収し続けたこれまた天才のスキピオ、2人の激突する会戦にいたるまでのくだりなんぞ、並みの小説が何作束になってかかってもかなうまい、ってくらいの面白さであった。塩野さんの語り口調がまた見事に明解かつ詳細、かつ想像力を刺激する感動に満ちている。こういう、神がかった素晴らしい記述を読むのは、どんな映画を観るより楽しい。自分の脳内に、いくらでも素晴らしい絵が、風景が、浮かんでやまないからだ。
当分、人生が塩野さん漬けになる予定である。幸い、著書をたっくさんお書きである。嬉しい。この上なくありがたい。

軍事ものが好きな人、歴史ロマンが好きな人、社会や国家や人のあり方などに興味のある人、いろんな人に大いに薦めたい本だが、とくに腐女子な方たちに是非是非、と言いたい。
敵同士でありながら、知性の共鳴とでも言うべき一種の絆のようなものが流れていたであろうハンニバルとスキピオの関係性。
故国を遠く離れて戦闘と流浪の17年を、決して裏切ることなくつき従い続けたハンニバル子飼いの兵たちの想い(しかも、出身国がバラバラの寄せ集め傭兵集団であったにもかかわらず!)。
スキピオの無二の親友にしてすべての闘いを支え合った副官のレリウス。
そして裏切りによって国を追われた亡国の王子・マシニッサとスキピオとの、固い友情の同盟などなど、美味しすぎるネタがゴロゴロですぞ! これを読まずにどーするっ! てぇくらいのモンでございます。

なお、グイン・サーガの読者なら、黒太子スカールのとある作戦が、ハンニバルの成し遂げた冒険行が基になっていることに、すぐ気づかれることだろう。


ローマ史を読み追えたら、チェーザレ・ボルジアと、マキャベリ方面にゴー! だ! ああ歴史にイイ男だらけ♪ ううん、知らないけどきっとそう♪(´ー`)♪


関連記事
NEXT Entry
夏休み中
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Re: タイトルなし
> http://www.youtube.com/watch?v=3y9mYrJmyww

ハンニバル違いだって、3回は説明したろうがーっ!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻
大スキピオ
大スキピオ
大好きピヨ?
Re: 大スキピオ
まんもさん>
大スキピオ、大好きぴょーっ☆
ただこれは女性的感覚での「(誰もが惹かれる文句無しイケメン)スキピオ様っお素敵キャーキャー」みたいなノリでして、もしも私が男性だったとしてら、間違いなくハンニバルの命令一下死ぬまで闘う人生を選びそうです。

同じ名前の子や子孫がいて、大スキピオとか小スキピオとか、西洋の名前についてのこういう感覚は日本人には縁遠い気がしますね。
Re: Re: 大スキピオ
あ、あれ?
しまった、スキピオって名だっけ姓だっけ、あれあれ??ヘ(;゚゚)ノ
そもそも姓とか名字とか名とかってとらえる方が間違いだっけ?
Re: Re: Re: 大スキピオ
> あ、あれ?
> しまった、スキピオって名だっけ姓だっけ、あれあれ??ヘ(;゚゚)ノ
> そもそも姓とか名字とか名とかってとらえる方が間違いだっけ?

3巻読んで自己解決。
当時のローマ市民の男は、通常3つの名をもっていて、まず個人名、次に家門名、そして家族名(姓)。
プブリウス・コルネリウス・スキピオは「コルネリウス一門、スキピオ家のプブリウス君」ということだそうな。さらに、アフリカの地で多大な戦勝を挙げたので、尊称というか綽名という感じで、「アフリカヌス」がついた、とか。
なお、ローマでの男の個人名はヴァラエティに富んでおらず、同名がやたら多いと。

ひっでー話なのは、女性はとことん存在価値が無かったのか、個人名すら無かった、ということ。
家門名がそのまま通称になる。コルネリウス一門の女ならコルネリア、アウレリアス一門出身ならアウレリア。何人居ようが同じ名前。(結婚すれば、夫の姓が付く) ナンテコッタイ/(^o^)\

けど、これは変だろう。同じ家に立て続けに女の子が産まれたらどーすんだ。呼び分けも出来ずにまともな育児はできないぞ。これは推測だけど、女性にも個名はあったろうよ。公的なものとは認められず、記録もされなかった、ということじゃないのかな。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。