--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009. 12. 12  
グインサーガ130巻「見知らぬ明日」読了。
ついに、これで最終である。本来400枚であったところを200枚での出版。最後の最後まで机に向かって、最後の一滴まで絞り尽くして起きあがれなくなるまで書き続けられて、ついに逝ってしまわれたことを、私たちは知っている。
130巻を手に取る。
薄い。
軽い。

そして、私はこの期に及んでもまだ泣けずにいるのだ。



最後に、初代担当、そしてご伴侶としてずっと栗本さんを支えてこられた今岡清氏の解説が添えられていた。
「誰かが物語を語り継いでくれればいい」と示唆され、フィナーレに「グイン・サーガミュージカル 炎の群像」のエンディングテーマ詩が添えられる。
(私の記憶が確かなら、この歌はCDでこそエンディングだが、あの絢爛たる舞台においては堂々のオーバーチュアであった。リギア役の福麻むつ美さんの圧倒的な迫力の歌唱による開幕を、私は生涯忘れないだろう)



語り継ぐのは、語り継げるのは、誰か?
貴女か。
君か。
それとも……?

私に出来ることは、グイン・サーガ、という作品があったこと、その存在がどれほど多くの人の心を動かし、支えていたか、ということを語ること。
世界と併走したもう一つの世界の存在の奇跡を、語り継ぐことくらいだと思う。
作品ある限り、梓様(栗本さん)のスピリッツもそこにある。
1人でも多くの人に、その存在を、スピリッツの継承を託すべく、私は語り続ける。
未だ、泣く時にあらず。
一生かけて、涙の代わりに語り継ぐ所存。



関連記事
NEXT Entry
ボイチャ天国
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
あの薄さが、寂しさを倍増したことは言うまでもありません。

仮面ライダーも早速見てきました。
最終回を映画で...
あの内容なら、テレビでも良かったような気がしないでもない。
Re: タイトルなし
かりすさん>
本当、薄かったですね。たくさんの読者が、あの手に取った時の軽さに、感慨を抱いたと思います。
でも、本当に、ギリギリ最後まで、それまでとまったく変わらぬグインサーガとして書かれていたことに、壮絶などという言葉を超えた何かを感じました。
メメント・モリ、死を思え、という思想は、梓様(栗本さん)の昔からの主張でしたが、急死というわけでない、確実にじっくり迫ってくる死を目の前にして、かくも端然と変わらない創作活動が行われていたことに、今一度思いを向けていただけたら、と思います。
どれほどの覚悟であったのか、を。


ライダーご覧になりましたか。残念ながら、私は今回は初日はスルーしました。なんか、すごい変調起こしてて(でもハイテンション)w 今日も2時起きw
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。