--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 01. 01  
このタイトルも5回目と相成り候。

 皆様、旧年中は色々とお世話になりました。
 本年もなにとぞ宜しくお願いいたします。
 今年一年、皆様にとりまして良い年でありますように。


 甚だ簡素ではございますが、これを持ちまして総ての新年のご挨拶に代えさせていただきます。


昨年までなら紅白をダラダラ見ながら年越しなのだが、今年は一味も二味も違う。ボイチャしながらだからである。スカイプには便利な機能があって、ボイチャしながら、テキストチャットもできるし、そこにいろんなリンクを貼り付けたりできる。各自、いろんなこだわり情報のリンクを貼ったり見たりしながら、あれこれワイワイ。

今年の紅白の、私的ポイントは「水樹奈々」「スーザン・ボイル」「絢香」この3点、あと恒例の小林・ラスボス・幸子衣装とか。おどろくほど、白組に興味を持てる歌手が居なかった。
奈々ちゃんは、ビッグステージにまったくひるみもアガリも無い様子の堂々っぷり。スーザン・ボイルもまた同様。どこであろうがまったく変わらぬスタンスはさすがとしか言いようがない。CD欲しいな、やっぱ。
で、絢香ちゃんはいろんな意味で力の入ったステージだった。やはりこれでしばらく歌えない、という力みは確かに見えたけど、色々と仕方ないのではないだろうか。苦しそうだったけど、彼女ほどのシンガーにとって、歌えない日々の方がはるかに苦しいことであるはず。ヒロ君も年明けからしばらく休暇らしいし、一日も早い全快を祈ります。
あと、美川憲一のバックに登場したオードリー春日が凄すぎたなぁ、と。春日、カッコイイー! マント、似合う! マジ、実写ヤマトのデスラー総統が春日だったらどんなに良いだろうw

さて紅白も終わり、カウントダウンする前後あたり、すでにボイチャはハイパー年越し呑み会チャットと化しており、私も夫の人のウイスキーを強奪して、相当にへべれけだったのだった。
気がつくと、椅子から転がり落ちていたような。
隣室から夫の人がすっ飛んできて椅子を直して介抱してくれようとしたのだけど、なんかよく覚えてない。ケタケタ笑っていたらしいけど。
こんな賑やかで楽しい酔っぱらい年越し、人生初かもしれないなぁ。

ボイチャの会話ネタは多岐に渡る。
おっそろしく博識なメンバーもいるので、「ロックの定義とは」とか「アイドル(偶像)とシンガー(表現者)との違いとは」とか「パスカルの賭け」ネタから神学・宗教学ネタに至るまで、カオス&ハイパーなのだった。

ここ何年か、私はとある目的でもって世界史や宗教史や哲学などの本を読んでいたりするのだが、やはり独学自習だけでは物足りない気分にもなるし、情報や意見交換ができる場があるのはとにかくありがたいのだった。

第九を聴きつつ、合唱の訳詞を読み、パスカルの賭けも加えてつらつら思うに、唯一神のようなものが在るとしたら、それは断じて星の彼方なんぞには居ないだろうと思うし、キリスト教を信じた方がいかに分の良い賭けだと言われても納得はしないし、つくづく私自身は宗教的なるものに対して不遜な人間だと思う。

人間にとってけっきょく、何より大事な事は「信じられるかどうか」ということだけなのではないだろうか。
何を信じるかは個人それぞれで、その自由度をこそ護るべきなのではなかろうか。とはいえ、人間なんて、どうにもこうにも他者を自分の思い通りにしたがる蹂躙性から逃れがたいものだよね(´w`)

とりあえず、昼下がり、夫の人と散歩に出た。近所の大きな寺に行く。普通、初詣となると神社に行くもので、寺に参るというのは、信仰篤い方々、もしくは縁深い檀家の方々であろうし、そりゃもう閑散としていた。
でも私は最近めっきり人混みがキライなので、静かなたたずまいはとても心地よかった。
で、無節操にもお参りはしちゃう。無節操で何が悪い。宗教に対して無節操であること、これは日本民族の誇るべき特性。無節操すなわち、寛容(クレメンティア)でもあるということなのだから。それが悪いことだなどと、塩野ローマ史をほぼ読み終えてしまった私が思うはずもないのだった。

一応、唯一神的なものとして、私は「天」を奉じている、気はする。
天網恢々疎にして漏らさず。この言葉が大好きで、天というのはすなわち、人知を超えたものまで含めたコトワリの集積、すなわち「秩序(コスモス)」のようなものではないか、という気がしているからだ。

神が天上の世界、星々の彼方におわす、などとは信じない。そんな遠くにいるものではない。ましてや「父(男性性)」だなどとは認めない。もし神が総てを創造したものだとしたら、どう考えたってそりゃぁ「母(女性性)」のはずだ。男に子供が産めるかバーロー。私を騙そうったってそうは行くかこの野郎!(あーちなみに、「父」というのは誤訳に近いものであるらしく、そもそものヘブライ語では、無性だとかなんとかと聞いたような) 
神が居るとしたら、それは人の内か、あるいは人の間か。「人間こそが神なのですね」という、手塚さんのブッダの言葉を、私は忘れられないのだ。
神は0と1の間におわす、という概念も、悪くないと思う。可能性と選択の意思に関わるなにかとしての存在としてのそれ。



あと。
オタクとして、信じるものがある。
自分の価値など信じられずとも、自分が愛した作品の価値だけは信じられる。
それがオタクというものだと思っている。
これは動かし難い価値であり、この信念を喪ったらオタクではない。
そして、その価値を他者に伝え、他者と分かち合い、人生を豊かに幸せにしていける、それがオタクの生き方だと思うのだった。


そんなこんなで。
今年もブログであれこれ好き勝手に吐きまくると思うので、なにとぞよしなに、でございますm(_ _)m


***********************

追記

昨年秋頃からmixiでサービス開始されたアプリ「記憶スケッチ」。
夫の人がこれにはまっており、つい先日、つまり2009年中に、通算1000枚を達成した。す、スゲー('Д')!
贔屓目抜きにしても、なかなかに味わい深い、魅力的なスケッチが多いので、マイミクの皆様、お暇なときにでも覗いてやってください。(自分もアプリを導入している必要性があったりして、やや煩雑ではありますが)




関連記事
NEXT Entry
これは良い動画
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
No title
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

学生のころは、除夜の鐘をつきにいったあとに神社へ二年参りに行っていました。もちろんクリスマスにはケーキを食べて。
「楽しければいいじゃない」というと怒り出す人もいるかもしれないけど、せっかく親からもらった人生なんだから、楽しむことも大事ですな。
人生を楽しむ、その点についてオタクは全力で取り組んでいるのでしょう。「楽しく生きる」ことこそがオタクの誇りではないかと。

今年もお互いに楽しい1年にしていければ幸いです。愛する作品を信じるのと同じく、楽しんで生きている自分を信じながら。
Re: No title
新城君>
あけましておめでとうございます。今年も宜しく^^
そうですね、楽しく生きる。そのための選択は人によって様々ですが、オタクは特に貪欲だとも言えるでしょう。
信じることが何より大事なのだとしたら、「楽しめる自分」がその中心にいること、実に結構なことだと思います。今年も良きオタクライフであらんことを!(^O^)/
No title
あけましておめでとー
今年もよろしくお願いしますん
昨日紅白の舞台裏をやってましたが
水樹奈々嬢顔真っ青で舞台袖にたってたけど
舞台に立ったとたん変わったのはさすがプロと
納得。。
とりあえず仕事探しつつがんばりますー
Re: No title
Yamaさん>
あけましておめでとうございます。今年も宜しくぅ(^O^)/
今年一年、Yamaさんにとりまして良い年となりますように。
ほほぉ、奈々ちゃん、舞台裏では真っ青だったと。
さすがです。どれだけ裏でヘタレていようと、本番となるやいなや別者となる。これこそが真のタレントというものだと思います。

No title
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

人それぞれ、いろいろな価値観がありますよね。
違う考えをを否定するのではなく、共存できるように努力することが大事なのだと思います。そうしたら世の中もっと平和になるのではないかと思うのですが・・・。

年末年始ちょっとバタバタしてまして、挨拶が遅くなりました。
お互い楽しい1年にしましょう!v-91
Re: No title
やっぽさん>
あけましておめでとうございます。今年も皆様にとりまして、なお一層の良い年でありますように。

世にいろんな価値観があって、それぞれのそれを尊重すること。
とても簡単なようであっても、実はとても困難なことなのかもしれません。
ブログ中で蹂躙性と書きましたが、人間にとっての幸福の最大の一つが
「他に対する如意」
であって、すなわり他人を思い通りにする、ということにあったりするからです。
いわば人間としての本能とも言える喜び、幸せが他者への蹂躙性に在る以上、それと逆の「他の尊重」が理想論であり現実では薄い現実。
でも、人間も生き物でしかなくて、だからこそ本能に逆らいがたいこそ、「尊重」は「愛」として尊ばれるわけで、あるべきものとして常に掲げ続けねばならないのかもしれません。

唯一神教というのは、とにかく排斥が多くなりがちで、そりゃぁ平和とはかけ離れた、闘争ばかりと縁が深いのも、ある意味、業とも言うべき事態なのかもしれません。


No title
あけおめことよろり。です。
今年もよろしくお願いします。

うるおぼ絵 みたいな奴ですかの?
(昔そういうあそびがお絵かきBBSであった)
Re: No title
svetlanaさん>
おけおめー、こっとよろー!(^O^)/

はい、mixiの記憶スケッチとは、基本的に、「何も見ないで描く」スケッチ主体です。
それはそれはゆっるーいスケッチから「おめぇぜったいこれ見てるだろう見て描いてるだろうw」みたいな詳細な絵まで、それは幅広うございます。
素晴らしい素敵な絵がたくさんで、また、夫の人の絵はオタネタ炸裂でして、sveさんなら相当笑って頂けるのではないかと想像します。でもmixiをまず始めないと、でもって、記憶スケッチアプリに登録しないと、見られないのですよねぇ。1000枚超えてますます盛んにハイパー化してる夫画伯でありました。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。