--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 03. 24  
47回目の誕生日なのである。
夫の人と息子の合同出資で、ティファールのフライパンをプレゼントしてもらった。長持ちしますように。



さて、40の歳にネットゲームを始めて以来、すっかり人生が変わってしまった感のある私である。
初めて手を染めたネトゲはFFXIだった。
7年前の丁度今頃、計り知れないほどの期待を抱いて降り立ったヴァナ・ディールの地。
数年をそこで過ごし、数知れぬ出会いと幸せを得た地。私の第二の故郷とも言うべき地。
その地が、昨日を以て消滅した、との報が届いた。
正確には、消滅したのはサーバーであって、ヴァナ世界ではないのだけどね。
過疎著しいヴァナ・ディール。私の故郷であったPandemoniumサーバーは特に人の減少が激しかったらしく、別のサーバーに強制移住の果てに消え去ってしまったとのこと。
何人かのブロ友さんの哀切なレポートを読んでいて、さすがにこれまた寂寥の念を禁じ得ない。なんでもパン鯖民だけが一方的に改名を要求されたり、LSがすべて崩壊したりするという、まことに不公平な移住合併であったそうな。
幾人ものフレの顔(というか、名前)が浮かんだ。ベーシックな響きのあの名の人もこの名の人も、今日から別の名として新生鯖に立つのだろうか。もうそうなったら、もはや誰が誰やらさっぱり判らないだろうねぇ。フェイスのカスタマイズが出来ない時代のゲームだったのだもの(同じ顔大杉w)。



自分の誕生日に際して、一つ明晰に思い出すヴァナのエピソードがある。

ある日、あるフレからとあるハードコンテンツのための集いに誘われた。

「身内繋がりでゆるくやっていたLSなんですが。実は欠員が出ちゃましてね、補充を探しているのです。良かったらどうですか?」

私は、「ありがたいお申し出ですが」とこれを固辞した。


何ヶ月か後、別のフレから別のハードコンテンツの集いに誘われた。

「私が立ち上げたLSなのですが。貴女は私の古くからのお友達、協力していただけますと、こんなに嬉しいことはありません」

私は、一も二もなくうなずいて、そのLSに参加し、忙しくも充実した日々を送ることになった。


ありがたいお申し出ですが、と言いはしたが、前者の誘いは私には実はまったくありがたいとは思えぬものだった。
後者の誘いはまこと真摯に胸に響き、それがどんなに大変な労苦を伴う活動であろうとかまわない、と即座に決心させるほどの力を持つ言葉だった。

この二つの言葉の違いは、なんだろうか。何が私にとって、それほどまでの反応の差違を呼んだのだろうか。

平たく言ってしまうと、私は前者の誘いには「自分の値打ちが下げられた」という思いを抱き、後者の誘いには「自分が高く評価された」という満足を得たのである。
前者は私を不快にし、後者は私を幸福にしたのだ。
違いは、ただ、それだけだ。


前者の言葉を分析してみよう。
「組織に欠員が出て補充を探している」
すなわち、「補欠」である。
その状態で私に声をかける、というのは、私自身の存在というものが「組織にとって補欠としての価値でしかない」と示したも同然のことだったのである。
さらには。
まず、利潤を生み出す目的の組織ありきであり、私という個人に対して、その組織に属することの利を提供する代わりに、組織に利をもたらす立場になる気はないか? という構造の提示でもある。
組織と、個人の価値との取り引きでもあると言える。

一方後者はどうだろう。
「大事な存在(友)なので、居てくれるとありがたい」
これは個人の存在そのものに対する呼びかけなのである。
そこにまずあるのは、利のやりとりではなく、人が人に向ける「願い」だった。混じりけ無しの、「好意」だった。
利益抜きの絆を示されたこと、であったのだ。


この二つの勧誘は、客観的構造だけを問うなら、本質は同じである。組織のための人材集め、である。
だが、言葉の選び方一つで、私という人間にもたらす作用は天と地ほども違ってしまった。


当時、このエピソードを夫の人に話して聞かせたら、夫の人は首をひねるばかりだった。
前者の誘いに、私が不快になった理由が判らない、というのである。「だって、チャンスじゃないか。チャンスを示されるほどの評価をしてもらってるってことだろう?」
だって補欠扱いされたんだよ? と説明しても、「いつの誘いだろうと誘いは誘いで、評価されたことに違いはないだろう」と言うわけである。

つくづく。

私、という人間は狷介で厄介で面倒くさいヤツなのだろう、と自分で思う。
たいていの人にとってはどうでも良いことである些細な表現にこだわり、自分の価値にこだわり、自分の価値が上がった下がったと言っては過剰に狂乱する者。
なぜ、他の普通の人ならば気にもならない細かなことが、自身に対する気遣いの様々が、私にとってはさまで大事な要素となるのだろう。

こういうのを、「気位が高い」というのかも知れない。
なんにせよ、こんな気位なんぞ、およそ誰も幸せにしない。
それどころか自分を含めて周りの人間を片っ端から不幸にするばかりなのだろう、とも思う。

だがしかし!
この気位こそが私そのものである。
私の周囲、世界の他者すべてがこれを非難しようとも、私こそは、私だけは、私自身のこの気位を認め許そうと思う。

我が脳内に千羽のツバメの巣窟あり。
その中にはこの世に産まれた中でもっとも美しい男もおり、人間が生み出しうる最高の美を持つアンドロイドもおり、絶対不変の忠誠を誓う美貌の執事がおり、百戦百勝を誇る超脳の軍師がおり、数十倍の戦力差をひっくり返す将軍がおり、いかなる事態にも「こんなこともあろうかと」と備えを怠らない技術士官がおり。

そして今日のチョイスは、幾百年の時を超えて生きる高貴のヴァンパイアこと「黒衣の伯爵様」。
私にこう語ってくれるのだ。

「その気位をこそ私は愛す」


BGMは懐かしの「ヴァンパイア・シャッフル」よーっ(´∀`)♪

関連記事
NEXT Entry
ゲゲゲの女房
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
No title
さらに、「新しい鯖に古い鯖が吸収される」という点にも不満の声はあったようで。
人数の多寡を考えての方策というのは一応納得できるけど、それは単に運営側の処理の手間の問題でしかなく(改名を強いられる人の人数はどちらがどちらでも一緒)、筋という点では逆ではないのかとの意見も耳にしました。

鯖統合というとかつてのTMOのことを思い出さざるを得ません。
あの時はほぼ対等の統合であり、改名せずにすむように、クラスもバラバラにならないような方策が取られていたことを考えると、運営方針の違いというものについてつい考えてしまいます。

統合後のワールドではすでにPTによって狩場争奪戦になっているようで、せっかく低レベルソロ上げに梃子入れしたのが台無しになっている模様です(^^;。これが有名な「しろ→するな→しろ」というやつでしょうか。
お誕生日おめでとうございます
パン鯖なくなっちゃったんですか・・・。
寂しいですね。それもかなり悲惨な無くなり方だな。
私にとってもすごく大きな場所でした。
できるだけ謙虚でいようと、できるだけナイトでいようとしていたあの頃が懐かしい。
パンデモニウムのヴァナ・ディールにお礼を言いたい気分です。
最後見届けてきましたよ
 パン鯖、終了する直前までインしてましたよ。

 最後は最後らしく、皆「白門」でシャウトの嵐でした。
 殆どの人が、パン鯖に感謝の言葉を残して、新サーバへと
 移っていきました。

 FFXI、というゲームがいずれサービスを終える時も、きっと
 同じ光景が広がっていることだろうなと予感させるものでした。

 名前が変わる、変わらなければいけない事がある、という
 のは悪いことばかりとは思いません。パン鯖にいた人達は
 これから新しく変わることが出来る権利を与えられた、と
 も考えられると思います。

 消え行くものに感謝と畏敬を、来たる世界に希望と情熱を
 もって、ゲームを続けたいなと思いました。

 ところで私事で申しわけありませんが、名前は変わりません
 でしたw さすが外人鯖、そうそう変わった和名は被らない
 のかなw

 

 
Re: No title
新城君>
たしかに、その不公平な統合のさせ方は、TMOのケースとなんと違うのだろう、という思いを持たせずにはおきませんね。TMOの方が遙かにマイナーで、運営終盤のあの気遣いの深さや細やかさはほとんど知られてもいないのでしょうけど。数少ない生き証人として、新城君には語り継ぎ広めていって欲しいと思います。
で、統合によって、過疎鯖は過密鯖になってしまいましたか。PTやコンテンツ活動は組みやすくはなっただろうと思いますし、しばらくは祭りチックな活気を堪能してみるのも良いのではないでしょうか。

Re: お誕生日おめでとうございます
うまかつさん>

誕生祝い、ありがとうございます(^O^)/

パン鯖、無くなっちゃったらしいんですよ。とっくにキャラ消して引退した私が言うのも変な話なのは判ってますが、なんかもの悲しいですね。毎日々々、INするたびにログの最初に表示された「Welcome to Pandemonium」というメッセージや、リーマン鯖と呼ばれてまったりと大人なムードがウリだったことや、色々と思い出します。鯖消滅寸前末期の風景は、大層な賑わいだったそうな。7年以上の歴史があったわけですから、愛着深い人も多かったでしょうね。

でも、世に滅びぬもの無し。
FFXIVのサービス開始も遠からず来ますし、みんな、新天地で多くの楽しみ喜びを見つけていって欲しいと思います。エオルゼア開闢の暁には、もちろん私も参戦いたしますですぞーっ♪
Re: 最後見届けてきましたよ
Mizuneさん>

さすがMizuneさん、末期に立ち会われてきましたか。
ログを追うヒマも無いシャウトの洪水だったそうですね。
きっと、ヴァナの本当の最後の日には、もっともっと凄まじいことになるのでしょう。
あるいは、あくまでもひっそりと終わるのでしょうか。運営次第だとは思いますが。
ネトゲで出会い、結ばれ、子を成し育て、その子と一緒に冒険し、その子がまた恋をして伴侶を得るほどに長く続く、というネトゲのサービスも今後あり得るかも知れませんね。

>消え行くものに感謝と畏敬を、来たる世界に希望と情熱を
 もって、ゲームを続けたいなと思いました。

素晴らしいお言葉です。流石です。
噂では、まさかまさかのLV上限解放(絶対無いとか言ってなかったっけ?w)なんてものも来るそうですし、大いなる未来はまだ残る、というところでしょうか。お名前がそのまま残ったようで、本当に良かったです。これからも頑張って絆と喜びを深めていってくださいますように(´∀`)!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
No title
こんにちは。
お誕生日おめでとうございます!

パン鯖がなくなるのは寂しいことですが、あの最後の一体感はちょっと気持ちよかったです。
VU後のAsura鯖でも、「パン鯖のみなさんよろしく~!」みたいなシャウトもありましたし、気持ちの良い再スタートだったのではないでしょうか。

あれだけパン鯖との別れを惜しんだ私たちも、翌日からはAsura鯖で今までと変わらないヴァナ生活を送るんですよね。
人間って逞しいな~と思います(´∇`)
No title
ティファールの取手が取れる奴を愛用してますが、よくその取手を焦がして2000円かけて買い換えるマヌケです・・・
火かけるときに外せよ!と自分で突っ込んでるんですが、癖が治りません。
プリンタのインク商法だ!と周囲に訴えても、人間としておかしいという評価・・・
というわけで、おめでとうございます。
FF11サービス終了時にはコンナ騒ぎでは済まないような気がします。
Re: No title
ベル&やっぽさん>
お祝い、ありがとうございます!(^O^)/

Asura鯖にお引っ越しなのですね。シャウトで歓迎してくださる暖かい鯖のようで、良かったです。
人が急に増えて、狩り場などが混雑しているようですが、新鮮な出会いもきっと数多くあるかと思います。大きなチャンスももしかしたら転がっているかも? お二人とお仲間の皆さんの、希望に満ちた新生ヴァナライフを祈念いたしております。
Re: No title
sveさん>
お祝い、ありがとうございます!(^O^)/

私のティファールは、残念ながら一体型でして、しかもそれがドン・キホーテで半額だったという……w 
取っ手が外せるタイプや、目玉焼き用の小型のやつも欲しかったのですが、買い物に同行していた息子の表情がどんどん暗くなっていくので(お金をたくさん払いたくなかったのでしょう)、単品にしておきました。
取っ手外せたら、アルミシートとフリース毛布での包み煮とか、表面焼きであとはオーブン仕上げのハンバーグとか、ぐっと使いやすくなりそうなんですけどね。
あ、でもきっと私も、うっかり取っ手を焦がしたりとか、ここぞというところで取っ手が外れて大惨事とか、そんな顛末が待ってる気がしますですよww

ヴァナが本当に終わる日というのは、もしかしたら「え? まだあったの?」みたいな、まるでローマ帝国終焉のようなひっそり静かな人知れずのラストかもしれませんし、「パパとママはここで出逢ったの、私はヴァナの子なの!」というようなシャウトも飛び交う、そんな終わりかも知れません。例えばTMOというネトゲサービスは、終了直前は無料開放という太っ腹な運営をしてくれたので、スクエニさんもそういう粋な計らい、してくれないかなぁ、ラストを見てみたいなぁ、という気持ちはありますね。無理かなぁ(´・ω・`)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。