--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 04. 29  
天候不順が続いて、心身共に不調が続く。
連休前にエイヤっ! と気分を変えるべく、行きつけの美容院へ。
2ヶ月ほど前に鳥の巣のようになったクルクル頭はいっこうにパーマが取れる気配もなく、落ち着かないままだったのを、少し修正してもらった。

パーマ液浸透中の暇な時間に、美容院蔵書の「のだめカンタービレ最終巻」を読ませて貰う。この美容院には、通好みのマンガがいっぱい並んでいるのだ。そのチョイスの素晴らしさに店長のセンスを垣間見て以来、ずっと贔屓にしているのであったが、前回来たときは、のだめの最終巻が無かったのである。「買っておいて~」と冗談半分で伝えたのに、ちゃんと応じてくれたとは……ますます贔屓にするぞよw
のだめのラストは一応の大団円という感じで、収まりはまぁまぁかと思う。実際は、プロの演奏者の道は激しく険しいものであり、マンガのラストはかなり大甘だという気もするのだが。
演奏者としてであれ、育成者としてであれ、「才は神から与えられたものなのだから世のため人のために使うべき」という言葉が、結局の結末にもっとも相応しいモノだと思ったのだった。
まぁ私は神を信じないので、神じゃなくて「天」と言っちゃうけどね! 

才能ある者はすべて天の器。だが、天のことわりを納めるには、人間はしばしばあまりに脆弱なので、たいていがすみやかに壊れてしまうのが悲劇なのだけど。

昨日は、息子と一緒に行った歯科医院の待合いで、「ガラスの仮面」最新刊も読んだのだった。思えばこの作品も、偉大なる天の器というものが如何なるモノか、を追い続けてきた作品であることよ。で、この巻でようよう亜弓が失明しかけてる? アレアレ? 雑誌ではもう遙か20年ほど前にそうなっていたはず……どんだけ単行本で修正してるんだ!w でもまぁ完結に向けて描き続けてくださるならば是非は問わないので、美内先生どうか頑張ってください。


「わが友マキアヴェッリ」遅々として読み進まず(´w`)
心身共に不調で、集中力がもちましぇん。
ようやっと、ロレンツォ・デ・メディチの活躍を描いている辺り。
で、まぁこのロレンツォさん、まだ世界史に無知だった頃の私ですら名前をなんとなく聞き知っていたほどのメジャーな英傑。その果断な行動といい、教養と感性に裏付けられた統治っぷりといい、気むずかしいフィレンツェの民衆にとことんまで支持され愛され、護衛などまったくの無用と主張して酒場をハシゴしまくっていたという大物ぶりといい、なんと魅力的な存在であろうかと読んでいたのだが。

統治者としての顔の裏に、情緒豊かな作家の魂も持ち合わせていた御仁であったらしく、特に彼が書いたとされる、感謝祭のための詩「バッカスの歌」(8番まであるそうな)は、長く広く歌い継がれ定着し、500年以上たった20世紀のイタリアの映画館にもその詩が掲げられていた、という。スタンダードナンバー、ということなのだね。

で、ヴェネツィアまで広まり、歌われ続けたその歌の大意が汲まれて、「ゴンドラの歌」になっていったのではないか、という塩野さんの想像が語られるのだった。

Quante bella giovinezza

いと麗しは青春
   
Che si fugge tuttavia

いと素早しは時
    
Chi vuol esser lieto, sia 

いざ愉しめやこの日この時
 
Di doman non ce certezza.

明日が確かなはずも無し



なるほど、黒澤明氏の映画「生きる」で有名な「ゴンドラの歌」、なぜゴンドラなのかがよく判らなかったのだが、こういう事ならばトン、と納得できる。ゴンドラ、と言えばヴェネツィア(私くらいの年寄りはついついベニス、と言っちゃうけどねw)だもんね。


マキアヴェッリ、チェーザレの時代を堪能したらヴェネツィア一千年の歴史を今度は追うつもりだけど、このヴェネツィアというのもなんとも一筋縄ではいかない、怜悧狡猾権謀術数充ち満ちたドエライ国家だったようで、私ごときに咀嚼できるか、一抹不安なのでした(´д`)




関連記事
NEXT Entry
我が友マキアヴェッリ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ゴンドラの唄
ゴンドラの唄

この詩は森鴎外訳のアンデルセンの「即興詩人」を読んでひらめいたことを、吉井勇自身が松井須磨子宛の手紙の中で語っています。≪『ゴンドラの歌』考:相沢直樹(ロシア文学、比較文学)、山形大学紀要(人文科学)第16巻3号≫
「即興詩人」の中に出てくるベネチアの俚歌に吉井勇がインスパイアされたそうです。

「バッカスの歌」:ロレンツォ・デ・メディチ 「謝肉祭の歌」より
青春はなんと美しいことよ、 しかし、時はあっという間に過ぎ去っていく!楽しみたければ、今、楽しめ!明日のことなど分かりはしない。

即興詩人:ベネチアの俚歌 アンデルセン、森鴎外訳 
朱(あけ)の唇に觸れよ、誰か汝の明日猶在るを知らん。
戀せよ、汝の心の猶少(わか)く、汝の血の猶熱き間に。
白髮は死の花にして、その咲くや心の火は消え、血は氷とならんとす。

ゴンドラの唄:吉井勇1915
1.いのち短し 恋せよ少女  朱(あか)き唇 褪せぬ間に  熱き血潮の 冷えぬ間に  明日の月日は ないものを

インスパイアというよりも鴎外訳のほとんどそのままですね(笑)                   

この俚歌の元歌は、なんと、ロレンツォ・デ・メディチの代表作「謝肉祭の歌」11篇のなかの「バッカスの歌」でした。元歌にはゴンドラは出てきません。そのヴェネチア・ヴァージョンが「即興詩人」の中の歌です。
じつは、ロレンツォの「謝肉祭の歌」11篇のなかに「バッカスの歌」と「七つの惑星の歌」というヴィーナスを讃える歌が二つあります。これは金星ヴィーナスの力をかりて、“メディチ家永遠の治国”と“メディチ家からの法王輩出”を実現しようとする占星術の呪文になっています。では、護符はなにかというとボッティチェルリの「春」と「ヴィーナス誕生」です(笑)!
この二つの名画の中には「バッカスの歌」と「七つの惑星の歌」を歌詞とする歌の楽譜が隠されています。もしご興味があれば、拙著「隠された歌は真実を告げる」第3巻をご覧ください。電子書籍で有料ですが(笑)。
また、facebookもやっておりますので、覗いていただけると、最近の絵の中から読み解いた曲をちょこちょこ載せています。
生江隆彦
Re: ゴンドラの唄
生江隆彦様>

こんなに古いエントリを見つけていただき、また詳細なコメントを下さったこと、まことにありがとうございます。
森鴎外氏の訳詞の麗しさに、感無量です。無学なもので、読めない字も多々ありますのが哀しいですが。

ロレンツォの息子が一人、ちゃんと教皇に就いたそうですから、彼の希望はしっかり叶った、ということなのでしょうね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。