--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 06. 13  
はやぶさ! はやぶさ!! 
おかえり! 
ありがとう!
そして
さようなら!


小惑星探査機「はやぶさ」。
数々の致命的なトラブルに見舞われつつも、JAXAの驚異の技術力により幾たびも復活を繰り返し、7年の歳月をかけて宇宙(そら)を馳せ、見事地球に帰還を果たす。
それが今日。
だが、しかし。

還って来る日が、はやぶさ最期の日。
小惑星イトカワのサンプルカプセルを投下した後、はやぶさの小さな機体は大気圏に突入、あっという間に燃え尽きる予定となっている。
一瞬の光芒を放つ流星となるか。
その質量はあまりに小さく、肉眼で確認することは不可能だという。
たとえそうだとしても、今日のこの夜、日本中のそこかしこで、はやぶさが居るはずの西の空を、数え切れないほどの人たちが見上げ、声をかけ、帰還を讃えて名残を惜しむことだろう。

変態的とまで呼ばれた執念の技術力。




この動画こそが日本中にJAXAとはやぶさの奮闘を知らしめた。かくいう私も、ニコ動でこれを観るまで、はやぶさがどんな目に遭ってきたのかを全く知らずにいたのだ。
だが、この動画を観てつくづく思った。これこそがまさに日本人の魂の真髄だと。
少ない予算、ギリギリまで削ぎ落とし洗練させたシステムと運用。ただひたすらの倹約と効率の追求なしには、やっていけない、ちっぽけな島国の民族が有史以来培ってきた創意工夫と不屈の根性。
そして、何よりも日本的だと私が感じる、この動画に込められた想い。
無機質でしかないマシンに、機械に、対人同様の感情を移入できること。
想いをかけることができること。
涙することの意味。
工業用ロボットに、コンピューターに名を与え、仲間として愛でるその心。
外国人が奇妙だ不思議だと首をひねろうとも、私は「それこそが日本人なのだ」と胸を張りたく思う。
今日ほど、日本に生まれて、日本人であることが嬉しく、かつ誇らしく思う日もない。

ニコ動には他にも多数のはやぶさ動画がある。
初夏日曜の夕刻、ひととき、宙と星と希望の夢に想いを寄せてみては如何だろうか。










そして、Googleもはやぶさの帰還をテーマにしたトップページにしてくれた! すぐに変更されてしまうだろうが、ばっちり保存しておいてくれるわっw



関連記事
NEXT Entry
散華
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
南十字星に向かい
∠(;TДT)ハヤブサ… ビシッツ!

人々は後二十年もすればまたこの名前を
思い出すかも知れません。
巨大隕石【小惑星】アポフィスとの太陽周回軌道ニアミス
の時に、、、。
今回はやぶさが切り開いた「惑星間イオンエンジン航行」
技術他、数々の技術がその頃にはさらに
発展を遂げて人類の危機を回避していることでしょう。

それでも人々は、その機体に同じ名前を付け
祈りにも似た期待と不安をその探査機に捧げて
いることでしょう。
消える物、消えないもの
 いよいよ地球に帰ってきますね。

人類が打ち上げた人工衛星という機械のなかで、
こうも明確に役目をまっとうしたと言われる機体は
そうざらにはないでしょう。

 はやぶさという物の形は消えてしまいますが、
願わくばこれが日本の、人類の宇宙への歩みを
進めるかけがえのないものになるよう祈るばかり
です。

 おかえりなさい、はやぶさ。

 ありがとう、おつかれさま。

Re: 南十字星に向かい
まんもさん>
日本の宇宙開発技術の高さを日本中の人が認識したこと、その意味の大きさは計り知れません。
あまりに見事な任務の完遂ぶり、作り物の映画でもこうはいくまい、と思うほどに美しい散華の映像美、既にしてはやぶさの名は伝説となったと思います。今後いくたびも、(主に予算的な意味で)宇宙開発に異を唱える声が上がれば、はやぶさの名を出して言ってやれば良いんです。
「はやぶさがくれた感動と希望を、金に換算出来るとでも?」と。
20年といわず、幾十年のスパンで、この伝説は私たちと子孫たちの心を支えてくれるでしょう。
「日本の技術は世界一ィィィッ! きっとJAXAがなんとかしてくれる!」

神無きに等しいこの国に、こういうたぐいのロマンがどれほど必要であるかを、私は思わずにはいられません。

Re: 消える物、消えないもの
Mizuneさん>

見事な帰還でした。カプセルも回収確実のようですし、ここまで役満クラスの奇跡が整った以上、きっとサンプルも入っているのだろうと信じてやみません。そうなれば、「完璧」という故事にちなんだ言葉の意味を、はやぶさになぞらえて捉え直すことになるかとも思います。
宇宙開発には呆れるほどの膨大な資金がかかります。
「そんなことより、もっとするべきことがあるだろう、今苦しんでる人のために」
「宇宙なんかに何があるのか? そこで生きていく日のことより、今の飢えを」
いかにももっともな理屈で、反駁はし難い。
しかしそれでもなお、未知への挑戦の気概を、探索の意思を、見えないモノを見てそれを現実に変えようとする行動を無くしては、人間の存在意味すらも喪うことになるのだということを、いかにつたなくとも私は今後も説いて行こうと思います。
本当に、成功して良かった。ありがとう、JAXA、ありがとうはやぶさ!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。