--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 06. 23  
先日のツイートにも書いたが、古着(主にダメになったTシャツ)をバイオの力でエタノールにする技術というものがあるらしい。まぁざっとこんな感じの。

で、この技術を生かした衣料リサイクルをいくつかの企業が始めている、ということらしいのだけど、私はこれは、リサイクルではあってもエコではないのだろう、と判断した次第だ。
それはペットボトルや古紙のリサイクルが、加工にかかる手間やエネルギー、人件費などを考えると、まったくエコどころではない、さらなる資源の浪費増加になっているだけ、という構造がここにもあるはずだろうと考えたからだ。

エコだなんだとみんなが「地球に優しく」などというゾゾ毛の立つような言葉を連発し始めてから幾星霜。
世で標榜されているエコが実はまったくエコとはほど遠い現実にしかなっていないという事実を、いったいどれほどの人が把握しているのだろうか?
最近では「オール電化」という言葉を見聞きするたびに首をひねっている私なのである。
「やっぱ~、地球に優しいし~」とか言ってオール電化を喜んでいるのを目の当たりになぞしたら、「オイオイ君君、そりゃ違うだろうよ」とツンツンつつきながら説教の一つも垂れそうである。

料理をするのに、電気を使うこと。湯を沸かすのに、電気を使うこと。暖房に、電気を使うこと。
これらの行動が、どれほどの資源の無駄遣いであるのかを、君たち知らないのかね? と。
湯を沸かすのも、肉や野菜を焼いたり炒めたりするのも、必要なのは要するに火力。熱、である。
熱を生み出すのにもっとも単純で手っ取り早いのが、何かを燃やすことである。
だから、ほんのちょっと前まで、人間は煮炊きをするのに当たり前に何かを燃やしていた。主に、乾燥した植物を。あるいは、油を。
これは、実にロスの少ない、つまり実にエコロジーなエネルギー利用なのである。

そこに、電気というエネルギーが現れた。いろんな形に変換できる便利なエネルギーである。灯りになったり、動力になったり、通信媒体になったりする、驚異のエネルギー。
あまりに便利なので、文明は一気に進んだ。
そして現代。
ありとあらゆる料理も、清潔な暮らしのための入浴に必要な湯炊きも、すべて電気でやっちゃいます! 排出する炭素(CO2)も少なくなって、地球環境に配慮なのです! という「オール電化」の住まいが盛んに宣伝されるようになったのだ。

おいおいちょっと待ちなぁ?
そのオール電化に使われる膨大なエネルギー、電気、は、どうやって作られるのだ?
貴重な天然資源である燃料、石油を盛大に燃やして回すタービンが生み出すのではないか。
そのまま煮炊きに使えるはずの燃料(石油)を燃やして、それで生まれる電力をまた熱に変えて。
この過程で、どれだけのロスが発生して、無駄にエネルギーが空費されているのかを、知らないのかね?
私はオール電化の家に住んだことは無いから、その便利さや快適さは知るべくもないのだけど、その無駄さ加減がどれほど馬鹿げているかということくらいは判るのだ。
料理も風呂も暖房も、ガスや石油でやれば済むことではないか。熱を得る、という目的だけならば、こちらの方が遙かにエネルギー効率は上であり、エコロジーにも叶っているはずなのに。

「ガスで煮炊きするとCO2がたくさん出るんですよ、IHなら出ないんですよ?」だと?

火力発電所がCO2を出してないとでも思ってるのかね君ィ?

いったいどこの誰がどんな目的でもって、資源浪費を促進するだけのオール電化などというシステムをかくも拡大させようとしてるのだろうかね? それも「環境に良い」などという欺瞞でもって。
そうすることでごく少数の限られた人たちがでっかく儲けられるから、という想定しか私には出来ないのだが。

確かに、掃除のしやすそうなIH調理器を見ると、主婦としてはピクピクと来ないわけでもない。
でも私は、この「電気で調理」という文明の利器が、結局はさらなる資源の無駄遣いでしかないことを知っている。だから全く欲しいとは思わない。我が家のガスコンロは老朽化が激しいが、買い換えるならやはりガスコンロのつもりである。とは言え、短時間の暖めに使う電子レンジの存在までは否定したくは無いけどね。


そんなこんなを考えていたら、ふと来るべき未来のキッチンの傍らにあるべき機械の幻視が浮かんだ。
毎日出る生ゴミを、投入口に放り込む。あるいは、紙ゴミを。着なくなった服やダメになったタオルなども。
投入されたゴミは、然るべき「もやしもん」たちにかもされて、バイオ燃料になる。燃料は、燃料電池システムにまわって、家屋に電力を供給する。
ゴミ処理問題とエネルギー問題に同時に対処するシステム。
技術が進めば、冷蔵庫並みのサイズの家電として存在しえるのではなかろうか。分解と発酵に熱量が必要なわけだけど、冷蔵庫の出す排熱を流用するとかしてコスト削減出来るかも知れない。(などと、冷蔵庫の脇に置いておくだけで作れる自家製ヨーグルトを啜りながら想定)

まぁ、この私が夢想してしまった以上、実現確立はかなり高い、と言っておく。
電動アシスト自転車も、対戦型コンピューターゲームも、GPSも、無線によるネット通信も、私が夢想してから大体20年くらい過ぎるまでにはちゃんと現実化したもんね。
だからこのゴミを電気に換える家電も、私が生きてる間にはなんとかなるのじゃないかと思うのだった。
そのころまでには、美貌のロボ執事も私の傍らにどうか居てくれますように(-人-)

関連記事
NEXT Entry
06/24のツイートまとめ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
それ、見たことある!
>生ゴミを、投入口に放り込む~

…はて、何処かで見たことあるような?

 はっ! ドクだっ! ドクがデロリアンに生ごm

 と冗談はさておき、オール電化は最近ソーラーパネルと
同時に設置するケースも多くなっているそうですね。

 発電所も知らない間に火力→原子力へと割合が推移しつつあ
る昨今では、オール電化がCo2削減にはならないわけではない
のかもしれません。省エネにはならない気がしますけどw

 化石燃料で自家発電→オール電化製品の流れも盛んにCMされてますね。エネファームとか。ライフラインが単一化した時の
デメリットを解決している中々の方策だとは思います。

 だけど、チャーハンはガス火で一気に炒めて、ご飯がパラパラになるように作りたいですよね。電磁調理器でも出来るのかもしれないけど、何となくw

 
Re: それ、見たことある!
Mizuneさん>
ドク……デロリアン……なんでしたっけ、バックトゥザフューチャー? そんなシーンあったっけ、うああ思い出せなーいヽ(;´Д`)ノ

で、エネファームは何年か前から注目はしてました。都市ガスを燃料電池で電力に換えるという、画期的システム。
ただ、まだまだ一体当たりの価格が高く、規模も一戸建て向きで、普及まではもう少しかかる感じ? と思った記憶があります。なんにせよ、化石資源を燃焼させてタービンを回す発電よりは高効率なのは確かだと思います。
太陽光発電とオール電化を組み合わせたシステムも最近はセールスが多いようですが、実は太陽電池システムはまだまだ発展途上のモノであり、パネルの寿命は10年も保ちませんし、毒性の高い素材を使っているため廃棄は大変、これもまた偽エコというべきからくりなのだそうです。それでも太陽光発電はもっと効率の良い発電の可能性はあるそうですので、こちらはまず一般化することで研究の推進となればいいのかな、というくらいには思っています。

IHってのは、調べた限りでは、沸かす、煮る、には良さそうですけど、炒めは不安ですねぇ。焼く、も。おっしゃるとおり、チャーハン(我が家ではひんぱんに作りますが)は、あおり炒めといって、熱い空気にさらすことで美味しくなるわけですから、鍋肌だけが熱くなるIH調理では、べしゃっとなりがちなのでは無いかと思います。あと、鍋が厚手の重いものでないと電磁誘導が巧くいかないぽい。私、すでにティファールのフライパンですら重くて扱いきれない感じなのに……お年寄り向けではなさそう。世界中のレシピを扱う、世界一多様な食卓だと言われる日本の家庭のキッチンには、やはり不便なものである、って気がしますね>IH
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。