--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010. 10. 08  
うっかり製作にはまってしまって、毎日々々掘って刈って伐って狩って、彫金ゴリゴリ裁縫チクチク革細工に木工トンテンカンテンとやっていたら、フィジカルLVが19に。
それなのに、メインクラスの幻術がやっと10になったところ、という体たらく。
世の中(リンドブルム鯖)では、もうクラス30リーヴを当たり前に回している人もいるというのに……先行ログインしておきながらすっかり置き去りなのだった。

だが、クラスランクがなにかしら10になれば、メインシナリオクエストが進行するようになるのである。
さっそく冒険者をなにかと面倒みるガイド代わりであるらしい、モモディちゃんに話しかけてみたのだった。

201010062.jpg


****************

みなさま、ごきげんよう。
たかがランク5相当のローカルリーブで
「ブロークンウォーターまで物資を届けろ」
と言われてホイホイ出かけて行ったのは良いけど、いきなり一撃で殺害されるほどのアクティブ鳥に絡まれて、2度行っても3度行っても殺されて、4度目にやっとたどり着けたカテリーナよ。
キャンプの駐在のセリフがふるっていたわ。
「この周辺はとにかく怖ろしいモンスターだらけでな」
判ってるわよ! こんな強烈な場所にランク5のリーヴを設定するってどぉゆぅことなの?……冒険しろや、ってことなのね、ええ、そういうトリッキーな仕掛けは案外キライじゃないわ。
そしてブロークンウォーターキャンプは、笑えるくらい人が居なかったことよ。
みんな大混雑の付近キャンプでせっせと製作して重い重いとこぼしているようだけど、一度足を伸ばしてみたらどうかしら?(ニコッ)

さて、私がこの街に初めて付いたとき、パレードで事故が起きて、イケメン2人を仲間にして暴れるグーブーをやっつけたりしたのだけど、あの時の事故で不幸にも死者が出ていたらしいのね。

そして、その犠牲者が、実はウルダハに危機が迫っている、って知らせを持ってきた隠密だったんですって。
一見、華やかに栄えているウルダハだけど、帝国との関係が微妙なことになっていて、いくさが近いかも知れないってウワサも絶えないようね。

そんな話をモモディちゃんとしていたら、あら、あのパレードの時のイケメン詩人じゃないの。

201010061.jpg


ふむふむ、帝国のスパイが入り込んでてどうのこうの。
いや、思いっきり怪しいんですけど君が!
こう見えてもアタクシ、男の嘘には敏感なのよ? 特に君みたいな、カッコいい綺麗事ばかり言ってる美形は、息するように嘘を撒くってこと、よーく判ってるんだから。

さてモモディちゃんは、私に闘技場での仕事を斡旋してくれたの。行ってみたら、なんだか奥の方が騒がしいわけ。
あらあら、出逢いのイケメン2人がバクチのいかさまを巡ってケンカしているわ。(なんか厳つい脳筋もいたっぽいけど、私の視界にはあまりキャッチされないわっ)
そこで転げ出た真実。
あのパレードの事故は、実はウルダハの若い奴らが自分たちの力を誇示するために出来レースで引き起こした騒動だった、こと。んまぁ幼稚ね。そんな珍走団にも劣るやり口で人が1人死んでるのよ。他に身よりのない娘を残して。
と、いうようなことを怪しい詩人サンクレッドに暴露された上に、掛け金までごっそり巻き上げられて一言も無い宝石商の御曹司、ニエルフレーム君の風情が、なかなか雨に打たれてしおたれた華のようで、悪くないわねぇ、ウフッ♪ なーんて♪

201010063.jpg


で、サンクレッドったら、巻き上げた大金を全部「事故で独りぼっちになった娘にやってくれ」って言付けて去って行ったの。あーら、なかなかやるじゃない? ちょっとだけ、見直したわ。

でもその身よりの無くなった女の子は、ウルダハの歌姫のフ・ラミンちゃんが引き取ってあげたのですって。
で、ラミンちゃんが、私に教団施設に行ってくれ、って言うわけよ。
その教団では死者を蘇らせる秘法があるとかなんとか……ウルダハの危機を伝えに来て死んでしまった人は、なにも情報を残さなかった。ホンの一時でも蘇ってもらって話してもらうしかないから、って。
なんだかものすっごい無茶振りされた気がするけど、とにかく向かってみたわ。
んで、やってきたわよ、見事に胡散臭い小坊主ちゃんが。え、大導師? んまぁ、良く見るとずいぶんと良い衣装をお召しだことね。

201010069.jpg


なにそのテラテラとぬめるようなサテンの質感! 金襴緞子の縫い取りや、ちりばめられた宝飾の輝きのリアルな事と言ったら、やっぱりハイエンドグラフィックの力は偉大ねぇ……ってそうじゃなくて。裁縫と彫金をやってる身としては、いずれ自分でそれくらいの物は作ってまとってみたいものだわ。

そして、自分が仕掛けた事故の犠牲者の葬式をこっそり見守りに来ちゃってるニエルフレーム君を発見。問い詰めたら、そっぽを向いてしらばっくれてたわ。あらまっ、判りやすいツンデレね。可愛いじゃない? ウフッ♪

2010100613.jpg


とかやってたら、モモディちゃんからご連絡。
「寺院でなにか嗅ぎまわっているんですって?」
ウルダハのチクリ情報網パネェwww

ちょこっとばかり注意を受けて、ちょこっと小銭を頂いて、今回のお話はこれで終了みたい。
次また動き出せるのは……ランクが20くらいになってからのようね。先は長いわ。
それではみなさま、その時やる気があったらまたお逢いしましょうね。

関連記事
NEXT Entry
エリック・ホッファー
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。