--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006. 03. 19  
 早速、戦闘指揮官としての能力欠如を曝け出してくれたヤグルマソウ。戦闘不能者が一名出ただけですべてを台無しにしてしまうとは。

 闘いに損耗が出るのは当たり前だ。それをも計算に入れた上で冷静な即時対処をするのが指揮官の基本。エリートと言われながらそんな初歩も学んでいないのかね? 結局この子は「俺様最高妄想」に浸りきって舞い上がっていただけの精神幼児。さぁさ、天道君、その虚ろなハリボテ仮面をとっととひっ剥いでおやり!

 まぁヤグちゃん、根は悪い子じゃないのだろう(まだ今は)。無意識では「仲間総てに慕われる完全無欠のリーダー」である自己像がなにより大事ではあるのだが、その自己像の維持のために必要な努力がどういうものであるかは判っていて、部下への気遣いは欠かさない。病床の部下を見舞い、信頼の形を示してみせる。

 この部下ってのがなんだか妙に妖しい雰囲気なんだよな。腐女子のツボをちょんちょんつついてくるような。「矢車さんとオレ(達って言いたいところだろうけど実は自分一番と思ってる感じ)との固い絆」をなにより大事に思っているみたいな。そこに異物が混ざりこんでくることを善しと出来ない排他性っていうか。

 案の定そこに矢車の紹介で仲間になることになった加賀美登場。当然の如く切れる部下。そんな速攻で嫉妬がらみの不安を表明してんじゃないよ、君たちの間に確かな信頼なんてものが無いなによりの証拠だよ?

 雰囲気の悪化を緩和するために即座に部下を食いものでなだめようとするヤグちゃん。なんて判りやすい人たちだ。

 で、食いもの(また豆腐かい)調達に出向くヤグちゃん、いかんせん狙った豆腐はすでに天道君に買い占められた後だった! 爆笑。

 なぜ天道君が豆腐を買い占めたのか? 展開はちょっと遡る。
 朝からなぜか妹ちゃんが不機嫌に見えたので、不安な顔になる天道(萌え)。が、すぐにいつもの笑顔を確認すると、心から嬉しそうな顔になる天道(もっと萌え)。妹ちゃんは「ひよりさんにお礼がしたい」とねだるわけだ。
 なるほど、不機嫌そうにしてみせたのは、妹ちゃんならではの兄貴操縦術であったか。空恐ろしい女子中学生だ、その若さで鞭とアメを使いこなすとは。いったいこの兄妹を育成したおばあちゃんってのはどんな凄まじい人物であったのか。早く出てきてくれないかなぁ。

 ひより主賓の豆腐パーティをすることに決めた天道君、メガネっ娘お絵かきモードで和んでいるひよりをナンパ。だが普通の誘いでひよりが乗ってくるわけも無い。山のような豆腐の運搬を手伝わせると言う名目であっさり彼女を巻き込んでしまう天道。単純な人間ばかり相手にしてきたに過ぎないであろうヤグちゃんとは格が違うね。

 ヤグちゃんが阿呆だったばかりに取り逃がしたもう一体のワームの対処のために豆腐はいったんビストロ・サルへのお預けに。

 結婚式場に完全な警戒態勢を敷いたと言い切るヤグちゃん、ものの見事に裏をかかれる。なんと神父に化けて張り込んでいた天道君にワーム確定の美味しいところを掻っ攫われて・・・・・・。

 ブチ切れキターーーーーーー!!! (°∀°)


 今回、ワームとの戦闘はかなりあっさり終了。毎度毎度、クロックアップ下での戦闘の見せ方に工夫が凝らされているのが大変好感が持てる。

 サルに豆腐を回収に来た天道君、ヤグちゃんが部下に豆腐を食べさせたがっていると加賀美から聞かされていたからちゃんとその分はより分けておいてあげたというのに・・・・・・。

 くぉらヤグルマソウ! 食い物と人の好意を粗末にしやがって! 躾がなってないクソガキめ、ちょっと来い、親も呼んで来い、膝並べてそこに座れぇ一緒に説教してくれるわっ!!!

 パーフェクトハーモニーも組織維持の大切さも面目も建前も善い子ちゃんの仮面もどこへやら、決して許さないはずだったスタンドプレイでもって夕日をバックにカブトにタイマンを挑むザビー。ああもう、思い込み過多で自分の世界を構築している真性の自己厨君はコレだから。言うこととやることが一致してない。いと可笑しき。

 さて、タイマン勝負の行方はどうなるか? 待て次週!


 あっさりと挫折に切れるヘタレさを見せてくれたヤグちゃん、私的にはかなりポイントアップ。痛い目みないと成長できんよ、ホレホレもっと苦しめ! 腐女子の人気も炸裂だ!

 彼との対比でもって、天道総司がいかなるヒーロー像であるのかが、その新奇さを含めて徐々に理解できるようになる展開、それが狙いなのかも知れない。

 自己厨に見えながら、実はそうではない存在。
 そうは見えないが、実は自己厨でしかない存在。

 そのせめぎ合いを見せながら、視聴者の意識改革までをも視野に入れているとしたら、仮面ライダーカブトに込められたテーマの野心性というのは相当なものだ。今後にますます期待!
関連記事
NEXT Entry
桜ほころびる春に
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。