--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 01. 17  
最近急にネット界隈でFacebook、Facebookとかまびすしい。アメリカ、カナダを中心にすでに数億のユーザーがいるという。数億ってナニソレ。SNSらしいけど、mixiとかとどう違うの? ちょっと調べてみた。そして判る驚愕の事実。なんとFacebookというSNSは、

「実名晒し、顔写真晒し」

が基本らしいのだ!



    お断りします
        お断りします
            お断りします
      ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ ハ,,ハ
     ( ゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )゚ω゚ )  お断りします
    /    \  \  \  \    お断りします
  ((⊂  )   ノ\つノ\つノ\つノ\つ))   お断りします
     (_⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ ⌒ヽ       お断りします
      ヽ ヘ } ヘ }  ヘ } ヘ }
  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J ノ `J ノ `J



くるっと踵を返して全速力で逃走。




世に「どの面(ツラ)下げて」という言葉がある。
まさしく、現在ただいまのこの私のこのツラを、なんじょうもって全世界に晒せようか。それくらい、私は自分の顔がキライなのだ。毎日鏡を見るだけでゾッとするのだ。それでもまだ若さが残っているうちは我慢出来なくもなかったのだが、50を前にして圧倒的速度で崩壊中のこの現状。冗談じゃない、ふるふるごめんである。500万円くらい無償提供してもらって高須クリニック院長に徹底的に美容整形してもらった後なら考えなくもないけどね!

そもそも、実名と顔を一致させた状態での個人情報を数億単位の人間相手に開陳って、それ凄まじくヤバくないか? 見知らぬ他人にそれを知られることでどんな災禍に巻き込まれるやら知れたものではないのに。まったく、外人の考えることはしばしばよーわからんよ……。

とか思ったわけなのだけど。

実はアメリカ人から日本を見ると
「家のドアに名前を表記した札を掲げるなんざぁどんだけマジキチ?」
ってくらいの非常識を「表札」という文化に感じるらしい。通りすがりの誰ともわからぬ無数の人間に「我ここに有り」と表明することの危険性を感じていないとは一体?……と。

ここでムムムと考える私。けっきょく所変われば人変わる、ってことで民族意識の差異による見解の行き違いが起きているだけなのか。ちょっとしたパラダイムシフトでどれほど容易く「常識」が覆るかなんてのは人生で恐ろしいほど見てきたことだ。

現時点の日本においては、Facebookに抵抗を感じる人のほうが圧倒的多数だろう、とは思う。
だが、数年後はどうだろう? 
10年後は? 
それこそ普及度次第だが、
「うわっこいつハンドル使ってやがるキモグロ老害すぐに死ね」
ぐらいの罵倒と排斥が当たり前になってないとも限らない。

あれこれと地域だの民族だの国家事情だのありとあらゆる要因でもって起こる「常識転倒」の悲劇モロモロに思いを巡らせているうちに脳が疲れてしまい、ボーッとアカウントだけは作成した。もちろん戸籍名と顔写真は伏せて。

だがしかし。
やはりこのFacebookアカウントで活動することは当分無いと思う。いわば凍結状態。もうしばらく時が過ぎ、このSNSがネットのデファクトスタンダードとなって、
「ん? なんだ、このマンガフェイスとクレイジーな登録名は……oh、ic、ジャパニーズ・シャイだぜlol」
てな感じで匿名性に対する容認が世界規模で行き届く日がくれば本格参入もやぶさかでないけどね。


とかのたくっていたら、あらまぁこんなニュース

映画ですか、公開ですか、さいですか。ほんっと、わっかりやすい動きやのぉ ( ゚д゚)、



だが、あらすじを見て、内容には興味を抱いた。異性に踏みにじられたルサンチマンをバネに飛翔してゆく若き異才の物語。いいねぇ、ツボに入った。観たいかも。


関連記事
NEXT Entry
01/17のツイートまとめ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
むしろ、日本のオタクが結束して「ハンドル&イラストでの登録」で突撃しまくる、というのも面白いことになりそうですが。受け入れられなかったらハイそれまででいいし、受け入れられたらFacebook自体が大きく転換するきっかけになるかもしれないし。
・・・ちょっとハンドルで登録してきちゃおうかなあ。
見てきました
「ソーシャル・ネットワーク」、見てきましたよ~。公開直後なのに、お客さんは20人もいなくて……。賞をとればもっと増えるかな!?

面白かったです。主人公(創業者)は、他人とコミュニケーションができない天才として描かれていて、それゆえの悲劇として見ることもできます(実際の人物像よりも誇張されているようです)。

……と、映画は面白かったのですが、Facebookには登録はしましたが何も手付かずで、どうしたらいいのかわからない状態。何もネット上でまで、実名で活動したくないな~というのが本音だったりします。でも、世界では5億人が利用してるのね……わからないなあ。日本人だけなのかな~。
Re: タイトルなし
新城君>
うん、まさに逆転の発想。いいわねぇソレ。
「実名顔出しが当たり前なのにナニやってんの」とか言われずに済む風潮さえ起これば日本人の参加者も増えるだろうと思います。機能的にはどうなのかしらね、mixiを超える利点が多ければ、さらに躍進はするかも。
Re: 見てきました
みいこさん>

映画面白かったですか、なかなか主人公には興味があるんですよ私。楽しみです。

5億のアカウントのうち、ほぼ間違いなく1割2割はサブやBOTのたぐいだろうと思いますが、それを抜きにしても日本の総人口より多いというのはやはり驚異ですね。かつてPCになんの用も無かった人たちが、「これ無しじゃ仕事にならない」という事情ができ次第、必死で購入と習得を始めたのと同じで、ヘタするとこのSNSもそういうポジションになっていかないとも限りません。
あと日本人は「みんなやってるのに、やらないの?」と言われたらもうナニも考えずに突撃するレミングスですから、バーっと広がるかもしれない。ツイッターが今そんな感じですよね。ブログもかつてそうでした。

でも、ツイッターとブログはその気楽さと手軽さと、なによりもここがポイントですが「無責任でOK」なメディアであることが日本に定着した最大の要因だと思ってます。
実名と顔出しでなにかを発表するということは、自分が自分自身であることに多大な責任を追う、ということですので、大抵の日本の一般人には乗り越えがたいハードルとなるでしょう。日本人の精神性の根本を揺るがすようなシステムを、マスメディアが煽りまくって、さぁ果たして踊るか否や。
あるいは踊るにしても、これこそまた日本のお家芸の「換骨奪胎」を施した上で自分たちのものとしていくのか。(ハンドルと「自画像」を押し通すやり方もその一つ)
先行きはけっこうエキサイティングであります。

で、Facebookって結局何ができるのだろうw
登録しただけじゃわからないですよね。ここはmixiと同じ、どんどん知人とのリンクを増やしていくのがまずやるべき事なんでしょう。それ以外は、う~んどなのかな~。英語の読み書きがスラスラで「外人ともガンガンお友達になりたいお!(゚∀゚)」って人以外は、やっぱ使いどころが今のところは無いような?
いいじゃん~w
私はFaceBookが出来たぞ~って頃から登録して・・・そのころは誰も居なくて(笑)

誰も居ないからつながらないし、ほっておいたら登楼したことも忘れていて・・・日本語に対応したぞ~てことで登録したら、2重登録になって気がついた次第です。

君の顔・・・いいじゃん、どんどん公開しなさいよ。
学生の頃は、美人だって良く声をかけられたんでしょ?・・・ネットだから、喋りは分からないからモテると思うよ。w
Re: いいじゃん~w
さとしさん>

どうも、どうも^^ノ
思えば貴方は25年も前の私の顔しかご存知ないわけですよねぇ。四半世紀は、長いですよ~w

そしてイロイロ思い出した! 当時あちこちで
A「口さえきかなきゃ良いものを」
とか
B「黙って座ってればそれなりなのに」
とか
C「どんな美少女美女だろうとアンタみたいにくっちゃべり始めたら、ちっとも綺麗に見えん」
とか、言われたことを(大笑)

やっぱり、500万円ほど無償提供で美容整形、って想定は撤回。
別にモテたくない、特にABCみたいな人たちにwww 
あ、水嶋ヒロ君にはモテたい! そしてもちろん彼はABCな人たちとは違うタイプ、そこが良い(´∀`)♪

真面目な話、トークだけなら逆に晒してもいいわぁ、喋りを気に入ってくれる人こそが、イイオトコだと思うので。


Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。