--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 01. 29  
息子と一緒に戦隊VS映画「天装戦隊ゴセイジャーVS侍戦隊シンケンジャー エピックon銀幕」を鑑賞。

微妙なモノが多いVSモノにしては出来は鋭利な方だったと思う。でもやはり私としては、セリフ回しなどにもう一捻りくらいは欲しかった。パターン的な言い回しが多く、工夫が足りない感じで物足りない。構成というか、流れは良い感じでまとまっていたんだけどね。ブレドランの無双っぷりにはフイタw

対決物としての、立ち回りの見せ方の上手さが今回は特に良かった。殿役の松坂桃李君、すっかり売れっ子の仲間入りしちゃって多忙らしく、頬もげっそりこけて顔色も良くなかったのだが、具合良いのか悪いのか、たまたま敵に操られて黒に染まり、邪悪な笑みでゴセイたちをボッコボコにする、という展開だったのでぴったりハマっていた。だが実は桃李君の出番はごく少なくて、スーツ姿の立ち回りが中心だったのだけどねw

シンケンゴールドとゴセイナイトが組んで立ち回る場面では、おや?……ゴールドのお腹が……ゲソっとへっこんでお腹のあたりの服が余ってる! そしてゴセイナイトのアクションの重厚でキレが良くてカッコイイことカッコイイこと。はい、岡元次郎さんが入っていたのは今回はゴセイナイトの方ですね!? 高岩さんのアクションオーラも凄いけど、次郎さんのそれもやっぱり別格だわ、と再確認。


そして、今年の新戦隊は35周年総括でもあるので、顔見せが昨年度のゴセイより遥かに派手で長尺だった。

「ゴーカイジャー超カッコイイジャン!!!ヽ(゚∀゚)ノ」

けっきょくこれに尽きるかも。
TVCMで、顔出しのゴーカイレッドの明朗元気なイケメンぶりを一目観ただけで「よっしゃぁ!」と思ってしまった私としては、お祭り戦隊という事情も含めて、おおいに期待しちゃう。
ディケイドのように過去作品の世界に行くのではなく、過去の作品世界を呼び出すのでもなく、
「パクって化ける」
というのは意表をつかれた。
「海賊版ってこと」
それを堂々と言うか! ネガなイメージである、海賊版という言葉の価値がひっくり返るのか? もう、ワクワクである。
その一方で、カイゾクって? と首をひねっている永遠幼児の息子に、海のドロボーだよ、船を襲って荷物は奪って、金持ちは拉致監禁して身代金をふんだくる悪い人たちのことだよ、21世紀の今だって暗躍していて、世界中の人達が迷惑しているんだよ、と基本を説明するハメに。
実際、正義の戦隊に導入するには「天使」と同じくらいヤバい概念だとは思うのだけどね。さぁどう扱うのか。料理の妙が楽しみである。

内容も、実績も振るわなかったらしいゴセイジャーだが、演ずる役者たちはとても頑張っていたと改めて思った。
特にアラタ役の千葉君は高く評価したい。レッドとしてはかなり異色と言える、控えめで大人しくてパシリも黙々とこなすという微妙なキャラに、全力でまっすぐに取り組んでいて、とても好感の持てる演技だった。アラタはあまりかっこ良いレッドじゃない。少年とも少女ともつかない、中性的というよりは無性的な、強さを打ち出せないキャラだった。演じていてあまり爽快感の感じられない役だったかもしれない。だからこそ、力を強調できないキャラだからこそ、「全力」でやるのはかえって困難だったろうと思うのだ。千葉君はその困難さから逃げてる感じがまったくしなかった。結果として、内に秘めた意思や決意が光る、純粋さが現れる良いキャラになった。ヒーローというものに力や強さばかり求める人にはあの秘匿の輝きの価値は見えないかもしれない。だが、脳筋なんてやっぱりオモムキの無いものだと思うのだよ。

関連記事
NEXT Entry
およそ愛の名のもとに
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
私も今日見てきました。
殿と龍之介君がかっこよくてうれしかった。
龍之介君は偶然見に行った舞台に出ていて、この子かっこいいな~。うまいな~と思ったら龍之介君でした。この前見た殿のラインハルトもカッコよかった。キルヒアイスがラインハルトより小さかったのがなんだかなって感じでした。
Re: タイトルなし
CHIEさん>
リューサン(相葉君)の舞台というと、戦国物ですか? 彼はいいですねー、上手いです。舞台がとても映えるタイプだと思います。殿のラインハルトはとても気になってましたが、カッコ良かったですか。チケット買えなかったっすよ……。松坂君は舞台は経験無いはずなので心配してたのですが、良かった良かった(´∀`)観たかったわぁ。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。