--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 13  
私の息子は中度の知的障害者であり、成人してからは障害年金を頂戴する身である。
日本中の人達からお金を分けていただいて、助けてもらっている命なのだから、困っている人、辛そうな人がもしいたら、出来る範囲で力になってあげるように、と教えてきた。


今、東北ではとてもたくさんの人が地震や津波で大変なことになっているんだよ。

「僕も救助に行くんだ! 今すぐに!」

待ちなさい。
大変なこと、というのは本当に危険、ということなんだ。
余震はしばらく何度も来るし、海も襲ってくる。あちこちで火事も起こる。
そんなところに、何の訓練もしてない、なんの特技も無い素人の君が行ってどうする?  道はズタズタで、通れる車は少ない。海は津波で船も使えない。電車も通れなくて動かない。君がどんなに行きたくても、たどり着くことすら出来ない。

でも、そんな中でも、救助のプロが今必死に頑張って向かってる。消防の人、レスキューチーム、警察の人、自衛隊の人、他にも色んな専門の人達が頑張ってる。今は、プロに任せるんだ。道が直り、線路も直り、車も電車も楽に通れるようになったなら、もしかしたら君にも東北で出来ることがあるかもしれない。
でも、今は君が一番やるべき事をやらなくちゃ。


「ああ、でもとても落ち着いていられない!」


だからってそんな座布団に顔を突っ込んでジタバタしたところで誰にも何の得もねーわ。そういうのはね、独善的(ひとりよがり)、自己満足の正義感と言ってね、かえってはた迷惑なんだよ。
とにかく落ち着くこと。
そしてご飯をキッチリ食べること。
眠れる時にちゃんと寝ること。
万が一に備えて、体力を蓄える。体調を整える。これが今一番に君がやるべきことだよ。

次にやるべきことは、普通に暮らすことだ。
慌てず、騒がず。
いざ、という時にはいつでも動けるようにしておいて、それで普通に過ごす。だらしない遊びなんかして無駄に体力や金を使わないこと。お金は少しづつでも募金に回せるように。


「すぐ募金に行くよ!」


まぁ待ちなさい。募金といっても色々あってね。中にはとてもズルい人もいて、募金でーす、ってお金を集めておいて、ほとんどを自分のサイフに入れちゃって、困っている人達にはちょっぴりしか届けないっていう詐欺師みたいなケースもあるんだよ。
募金するならなるべく信頼出来るところにお母さんなら預けるよ。良く、考えようね。


「町がショウメツだって。電車がくの字になってるよ。なんてひどいんだ。発電所はどうなるの?  不安だ」


繰り返すけど、プロに任すんだ。そして信じるんだ。あそこも、どこも、危険なんだ。プロの人でも、死んでしまうかもしれない。それでも、行ってるんだ。やってるんだ。夜も寝ないで、寒くても、暗くても、苦しんでいる人達のために、自分の命をかけて闘ってくれている。それがプロってことなんだ。信じるんだ、プロの力を。


「電気が無いと大変なんだね。なんにもできないよ」


良いところに気がついたね。
そう、暮らしに欠かせないもの。それが電気。エネルギー、だ。電気はとても便利なエネルギー。だからみんな湯水のように使ってきた。
だけど、こんなに電気をつかう暮らしは、ホンのここ数十年に過ぎない。人間はずうっと、電気なんか無しで当たり前にやって来たんだ。どうにかするしかない。
ウチは、節電のためのヤシマ作戦はまだ当分は続けるよ。この機会に、生活とエネルギーとの事を考え直して見るのも、良いんじゃないかな。


「明日から仕事だからもう寝る」


うん。普通に起きて、普通に頑張って会社に行こう。いつものように働いて、稼ぐ。そして、税金を収める。普通に今までの社会を保つのが、実はとても重要な支援なのだと思うよ。じゃ、おやすみなさい。


関連記事
NEXT Entry
03/13のツイートまとめ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
なんか ほのぼのした。
今ここで出来る事、少ないけどお互い被災者の為に頑張りましょう。
Re: タイトルなし
ぶぅちゃん>
ありがとう!
普通にご飯が食べられること、温かい布団で眠れること、これがどれほどありがたいことか。
それを噛み締めて、私たちは日々を落ち着いておくりましょう。身近な、小さいことでも、やれることはたくさんあるものね。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。