--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 03. 25  
復帰可能な火力発電所が少ないらしいので、首都圏の夏の電力事情は極めて厳しくなりそう。

だがしかし! 結局夏の何が問題なのか? 
答えはたった一つ。

「冷房」

首都圏住人が冷房を諦めるだけで、夏の電力不足は解決するのである。


「冷房無かったら生きて行けないよ!」

こんなお言葉を聞くと私は、タバコをプカプカ吸いながら「被曝こえぇぇぇ」とおっしゃる御仁を見るのと同じ反応になってしまう。仏像的半眼、というやつに。人類文明が何千年、エアコン無しで存続してきたかを思い出せっつーの。



もちろん、冷房がないと文字通り死んでしまわれる方々が居ることも判ってる。高齢の方、重病の方。エアコンがあることが前提の建築ゆえに、窓がはめ殺しになっている高層マンションやオフィスの方々。
だからすべてのエアコンを諦めろ、などとはとても言えない。


「でも電気を使わない冷房手段って、無いよね?」

無くはない。
ガスを使った冷房、というのがある。

ガスを燃やして冷やす、とはいったい何事? と私も思っていたのだが、これと同じ原理を利用した冷蔵庫というのは昭和の昔にすでに存在したらしい。(マイマイ新子と千年の魔法に登場した)それくらい、安定した伝統的なシステムなのだそうな。
ただ、パーソナルユースにはあまり向いてないようでもある。

ガス利用といえば、ガスを燃料電池の原料として家庭用電源にするエネファームというシステムもある。これは一戸建て適用。だが、初期投資は大きいようだ。あとどうしても電力会社供給の電気との併用が必要になってくる。停電したら使えない。


ソーラーパネル発電についてはまだ勉強不足。印象だけで言うなら、カンカン照りで暑い時ほど発電が良く働くだろうから、電気冷房には一番良いような気もするのだけど……そうは問屋も卸さないんだろう、という予感。


いずれにしても、ウチみたいな貧乏家庭に手が出るものでは無さそう。
でも、こういう機械による冷却システムも、けっきょく原理は「気化熱」なので、アナログ的にそれを生活に取り入れるのはかなり有効だと思うのだった。

少し前の日記でも触れたけど、緑のカーテン作戦。これは気化熱と日除けのコンボ効果。ウチも、ちょっとずつ準備を進めているのだった。

扇風機も、気化熱。要は身体に風を当てて、水分を蒸発させることによって涼を得る。
扇風機は比較的電力消費が少なくて済む家電だと思う。大いに活用するべき。サーキュレーターもけっこうな威力を発揮するそう。

十数年前には、濡らしたフィルターの背後から風を送る「冷風扇」が流行し、我が家でも使っていたりしたが、これは意外と効率が悪く、すっかり廃れてしまった。濡れタオルを扇風機の近くに吊るす方がまだマシかもしれない。主に、衛生的な面で。(冷風扇のフィルターやタンクには雑菌が繁殖しがちだったので)


あと家庭レベルで出来る暑気対策として、夜間電力を使って冷凍庫で大きな氷を作ってリビングなどに置くこと、というのがある。
2リットルペットボトルに水を八分目に入れて凍らせる。溶けたらまた凍らせれば良い。ただ、気化熱的効果が薄れるので、牛乳パックで作って、バリバリ剥がして氷柱にしても良いかもしれない。
大きな氷は、突然の停電時の冷蔵品保護にも使える。そもそも昔の冷蔵庫って毎日氷屋さんから氷を買ってそれを取り替えてたんだよね。
なんにせよ、今夏は氷屋さんに特需が訪れる予感。

夜寝るとき、アイスノンや氷枕を頭に敷くと熱帯夜もわずかに和らぐ。おっと、アイスノン特需も来ちゃうかw


これらの暑気対策は、暑くなってから用意したのでは間に合わないことも多いと思われる。特に緑のカーテンは急いだほうが良いのじゃないかな。

まだまだ冷房の代案はあるかもしれないので、みなさんもどうぞ今から考えてみませんか。
3ヶ月も先のこととはいえ、暑くなるのはいっせいで、そうなってから慌てて用意をしようとしても、品不足が起きてるだけという気もしますから。


関連記事
NEXT Entry
03/25のツイートまとめ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
氷柱
むかし、というかうちの両親が若いころは、
デパートとか国技館など人が集まる室内には
夏場は氷柱が立っていたと
聞いたことがあります。
これ、いま復活させるといいですよね。
うちでもやるか。
Re: 氷柱
MIKAさん>

それ、覚えてます! とても大きい氷柱。たまに花などが埋め込んであったり。
氷屋さんの氷は、特殊な製法で作るので、気泡も無く、透明で美しく、しかも溶けにくいそうですね。
懐かしい風景が今年は戻ってくるかも。
もともと日本人は、高温多湿の夏を乗り切るために涼感の演出に工夫を凝らしてきた民族でした。古い知識も含めて、夏頃には色んなアイディアが出るでしょう。思わぬ発想の登場に期待です。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。