--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 09. 04  
毎週のお楽しみ、ニチアサキッズタイムにて今日から新ライダーのフォーゼ開始である。
おっと、その前にゴーカイジャーも外せないわな。ジェットマン当番回で、脚本もオリジナルの井上敏樹サマお手ずからだという。

けど私は実はジェットマンはほとんど観てないのよね。息子が産まれたばかりだったし。
でもとにかく一番のイケメン属性だったらしいブラックコンドル復活ということでネットでは早くから話題沸騰だった。
でも、初っ端から私にガツーンと来たのは、敵側ゲストの賞金稼ぎ・キアイドーなのだった。なんだか無闇矢鱈とカッコいい。性格は敏樹サマキャラにありがちな、病んでる系の自己破壊型アウトローなんだけど、だからこそムチャクチャ強い設定。アクションがまた冴えてるんだ、コレが。ゾクゾクするほどキレの良い、素早い立ち回り。最近はスーツアクターさんの素晴らしい方が増えているようで、ライダーも戦隊も戦闘シーンが見応えありすぎて困ってしまうほど気持ち良い。

で、半端ない強さとマジキチぶりに本気でビビってるゴーカイレッドに活を入れる役回りでブラックコンドル降臨、という流れなんだけど、まぁまたこのブラックこと結城凱のシブい男っぷりとが! 半歩間違えるだけでたちまちウザくなるだろうキザ台詞を、ドンピシャの加減で演じる役者(若松俊秀氏)さん、本気すぎます。
で、もっと凄かったのが変身前のアクションシーン。なんですか、そのハイキック! スピード感! 貴方、現役ですか?! そうでないなら、どんだけ鍛えてきたんですかーっ? 
なんかもう、ディケイドに出るためにシェイプしまくって当時の体型を作ってきたという、ブラックの倉田てつを氏に並ぶ執念を感じた。この結城凱という役を、心の底から愛していたんだろうなぁ、と伝わってくるようだった。エエモン、見せてもらいました。

そのブラックコンドル及びビビリを克服したゴーカイレッド達と渡り合うキアイドー、強かったんだけど、本当に強くて狂っててイカしてたんだけど、ゲスト敵の宿命、ラストは壮烈な爆死。巨大化こそしなかったけど、あの爆散っぷりじゃもう出番無いんだろうなぁ。もったいない……1度で終わるにはあまりにもったいないキャラでした。


後で声優を確認して驚愕。
(最愛声優)杉田じゃねーか!www
いやぁちょっと朝食準備でOPテロップを観てなかったのよね(´・ω・`)
最愛とか言いながら気付かないって何だよババァ、というツッコミは甘んじて受ける。
そして胸を張って言い返すぞ。「気づかせないからこそ愛してるのだ」と。

怪人やロボット等、着ぐるみキャラというのは、並のキャラとは違うのだ。
デザイナーが絵を描き、着ぐるみ職人が立体造形として作り上げ、脚本家が書いた行動をスーツアクターが演じ、声優が声を当てる。何人ものプロが各々の才能でもって、寄ってたかって創り上げる存在。それが着ぐるみキャラだ。
普通の顔出しキャラならば、顔も姿も立ち振る舞いも、存在についてのほとんどの責任を役者一人が引き受ける。ソロ歌唱のようなものだ。
だが、着ぐるみはそうじゃない。合唱のようなもの。みんなで創る存在だからこそ、一人が突出することは、いかがなものか。もちろん出しゃばったって良いけれど、私はそういう局面で個性を押し出しすぎないで演じる姿勢があって欲しいと思うのだ。士分、というべきか、そういう心構えやたしなみ、抑えの美学のようなものを杉田くんはわきまえている気がするのだ。必要とあらばいくらでもテンション上げてハッチャける演技も彼は出来る、それを知ってるからこそああいう渋さにますます痺れてしまう私であった。



さてゴーカイ終わっていよいよフォーゼ。
あまりにキッチュなデザインに前評判は散々だが、ライダー嫌いの息子が珍しく興味を持っている。どう見ても、怖そうにも強そうにもイマイチ見えないもんなぁ。素っ頓狂すぎて可愛いというか。

結論から言うと、無茶苦茶面白かった!
安っぽい制服の群れ、時代錯誤で非常識な髪型と衣装の主人公、いかにも陰険そうな厨二病くさいツン坊主、残念イケメン臭ふんぷんのアメフト小僧やらイヤミ小娘、見るからに妄想が腐っていそうなゴスロリちゃん、その他もろもろ、昭和のギャグマンガみたいな学生たちの詰まった学園ドラマ。通常なら5分で放り出しそうな舞台設定なのだが、いかんせんJAXA協力の月面シーンから始まってしまったので、すーっと取り込まれてしまった。宇宙大好きっ娘だった三つ子の魂はいかんともしがたし。少ない予算で月面らしさを演出しているあたりが個人的にツボったし。

ざっと整理すると

宇宙SF↓
学園モノ↓
化物出現↓
校舎ぶっ壊しアクションバトル↓
次回に続く宇・宙・上・等!

……なにこの流れ。ムチャ過ぎる。バカ過ぎる。だがこれは善いバカだと思う。そして何よりもこのムチャ振り展開に全力で応じた画面作りが見事過ぎたからこその、善いバカ加減なのだと思う。流石は坂本監督。狭い校舎内であれほど空間を大きく使うアクション、動きと重力変化を見せるアクション、どちらも滅多にお目にかかれないクオリティ。予算が使える1話ならではだろうけど。


どう見たって、あのフォーゼのスーツはダサい。ベルトのスイッチもダサい。スイッチで付け変わる手足のオプションパーツもバッカじゃねーの! って言いたくなるほどみっともない。
それなのに、堂々と「カッコいい!」とキャラに言わせ、動きで魅せ、無理やりにでもパラダイムシフトさせようと画策する開き直りぶり。一回りしてもうカッコいい。
クウガ以来10年以上を経て醸成されまくった現場の豪力を見た。本当に、ライダースタッフの士気とスキルの高さはありがたすぎる。


そして安心安定のスーツアクターの星。

高岩さん愛してるぅぅぅぅぅぅぅ

32bcc657.jpg

予言する。このポーズはフィギュアになる。






c4224c4f.jpg

なんという馬鹿カッコ良さ! 脱帽。もう何も文句無し。そのまま突っ走れ! ブッちぎれ、重力脱出速度まで! 宇宙上等バッチコーイ! 
関連記事
NEXT Entry
FC2が重い
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
今さらですが、

私も高岩さん大好きです!

中学の時からすきです!!
Re: タイトルなし
レナムニュさん>
けっこう古いエントリですのに見てくださってありがとうございます。
本当にステキですよね。シャープでスピーディで華やかで。
イケメンというのは顔の綺麗さに限った言葉じゃないんだなぁ、としみじみ感じさせてくれる方です。
ウィザードも毎週欠かさず見ています!σ(^_^)
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。