--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 10. 14  
あまりといえばあまりに退屈なFFXIVのプレイの傍らにテレビアニメを見始めてもう1年。

そんなFFXIV(震災以来やってない)もその後改装に改装を重ね、ついに新生宣言らしい。課金も始まるそうな。
相変わらずの節電・倹約生活の私は、再びプレイするかどうかは未定。

それはさておき、秋の改編期につきアニメの新番ラッシュシーズン。
けっこうな本数を観た。

イカ娘2期、ちはやふる、UN-GO、ギルティクラウン、僕は友達が少ない、ペルソナ4、C3キューブ、Fate/Zero、真剣で私に恋しなさい、境界線上のホライゾン、ベン・トー、ハンター×ハンター、ガンダムAGE。フォーゼとGARO2期もいれとくか。
これに加えて、前シーズンから継続のピングドラム、最近急にハマってしまったジュエルペット。

これだけ見ても総数のほんの一部でしかないという現状にやっぱりなにか歪んだものを感じる。
ともかくも、アレもコレも観るわけに行かないので、今季は本当に気に入ったものだけに削って行きたい。

ピングドラムの王者っぷりは動かず。

新番でトップはやはりFate/Zero。キャラの魅力と世界観と描きたいテーマ、どれも上質で、スタッフの熱意も感じる。理想的なバランスが見える。

ぴったり追随でホライゾン。分厚い小説が原作らしく、設定とキャラの量がとんでもなく煩雑っぽいのだが、ワケが判らないのに気分良く観られる、という映像の勝利。よくもあれだけ理屈っぽく、現実離れした内容をあれほど心地よいアニメに仕上げたものだと思う。見れば、監督は小野学氏。さすがはAチャンネルの人だ、と感心した。

ペルソナ4が、ゲームが原案とは思えないほどの手堅く堅実な作りで興味をそそる。もっともっと厨二っぽくなりそうな気がしていたので驚いた。老練さを感じる演出。

ハンターハンターも上質な原作とこなれた製作スタッフの力で、上質。知的なのが何よりいい。

そして、あまり好きじゃないのになんだか気になってしまうガンダムAGEは、とにかく3話までは意地でも観る。嗚呼プラモかっこいい。なんですか、あのポージングの自由度は。いったいどんな関節構造になっているんだ……などと観察すればするほど、ハッと気がついたらウカウカとプラモを買ったりしそうな危険な誘惑に満ちているのでクワバラ、クワバラ。
思えば、Ζガンダムからこっち、ガンダムをカッコいいと思ったことなんか一度も無かったんだよな、私。AGEのデザインはなんだか、私が敬愛してやまない大河原邦男氏の手による各種メカに通ずるマッス感と無骨さを持っていて、かつシンプルなのがツボなのだと思った。


今季は、これくらいにしておこうかな。
なんとなく、あまりに青臭いものや未熟なもの、いつかどこかで見たようなもの、若さのパワー頼みみたいな要素からは遠ざかっていたい気分の秋だ。気分がすっかりオジサマ好みになっているのかもしれない。



ああ、そうだ、とても細かいことなのだけど。
学園もので、教室のシーンが映って、主人公が窓際後ろから2番目あたりに座っているのを見るだけでもう反射的に
「主役の居場所はそこだけ、てなルールでもあんのかボケー!」
とケリを入れたくなる昨今。
鳴上悠の席がそこからちょいズレていた、ただそれだけでもペルソナ4を評価する。
それくらい、学校の描写がズサンな作品は多い。ハンコ絵と同じくらい、ハンコ構図ってのは忌まわしいものだ。
ホンの僅かな工夫で、画面は見違えるほど良くなるのになぁ。


関連記事
NEXT Entry
エスメラルダ
NEW Topics
初めてなのに懐かしい  Fate stay night
さらば上石神井
過ぎ行く2013
現実はドラマティックを狙わない
新生ライフ
アイウエオの歌
文は人なり
曲線美
風立ちぬ
ぜろせん!
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。