--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 08. 29  
今年の暑さは厳しすぎる。エアコンも節電のためあまり使いたくないし、体調もイマイチ。社会情勢はアレコレ不穏。
もうあまりにストレスフルで鬱憤が溜まりすぎ、ついウカウカとネトゲに手を出してしまった。

本当はサービス始まって盛り上がっているドラクエ10が気になっていたのだが、高いし、テレビも占領するしってことで我慢、我慢。

ところが、我慢し過ぎたのがかえって良くなかったのだ。

PSO2(ファンタシースターオンライン2)いかがっすかぁ」と手招きする声……。

まぁ基本無料だし、と思ってちょっとだけお試しのつもりがどっぷりハマってしまった。
斧だの鈍器だのの使用がためらわれて(ハマりやすい)、超能力系・魔導師であるところのフォースを選んだのだが、炎だの氷だのドッカンドッカンぶっぱするのがどうにも楽しすぎる。
思いのほか、鬱憤とか鬱屈とか、溜まっていたらしい。あー狩り楽しい。


pso2pro1.jpg

純和風オカッパ美少女にしてみた。

pso20120821_121921_000.jpg

全身はこんな感じ。赤と黒との取り合わせの服は昔から好きなのだ。

pso2pro2.jpg

でもちょっと飽きてきて、ショップで安く新しい服を買ったり。
んまぁ、膨らんだ袖よマシュウ!

pso20120828_120452_001.jpg

で、この乙女チックな服に併せて装備している武器が今これ。ワンダーコレット。

どうみても魔法少女モノのオモチャです。可愛いです。ブルーとピンクと金の星の取り合わせ。なんというファンシー感。

だがそれがいい


はからずも、自分が現状、あれこれ鬱々としていたのがよく判ってしまった。可愛いアバター。現実とかけ離れた美少女ごっこが楽しい。
無意識下に押し込んでいた、老いへの嫌悪、抵抗、諦めなどが雲散霧消していく感じだ。


PSO2は、ゲームとしてかなり良く練られている方だと思う。PSU時代とは雲泥の差と言っていいくらい、細かい部分に配慮がある。特にソロプレイへのシステム整備はなかなかだ。

いくら鬱憤が溜まっているとはいえ、不出来なゲームに私が腹を立てないはずもないのだわな。
8月いっぱいくらいでやめるつもりだったが、もうちょっとだけ続くんじゃ。

2012. 02. 15  
FFブリゲイドにさらにハマってしまって、困った、困った。
ただいまキャラレベル42、戦士が10、赤魔が4というところ。
キャラやジョブだけではなくて、武器やアビリティにも個別にレベルがある。
複数の要素を組み合わせて、どう育てていくかというところに個性の発揮の余地がある。

一昨日、「ウィローワンド」という棍棒を拾ったら、グラフィックまでヴァナのあの懐かしいシャモジそのまま。
確かこれのHQはけっこう性能が良いので、フレが作ってくれたのを長く使っていた気がするなぁ、あれからずいぶん経つなぁ、などと思い出されて軽く泣けて来るのだった。

って、アタシゃどこまで耽溺してるのやら。どんだけ懐かしいんだよ!

さてブリゲイドは一応ネトゲなので、それなりに協力プレイもある。
が、そこはやはりケータイゲームなので、この場合の他者との関わりは実にそこはかとない、薄く淡いものだ。
歳をとってしまったので、この淡さがけっこう心地よい。


ヴァナがちょっぴり懐かしい元冒険者さま、ちょいと寄って遊んでかない?w

ただ、課金だけは怖いですぞ。
容赦無い集金システムですぞ。
いったんアイテム買いに手を出したが最期、まっているのは底なし沼でしょうな。さすがモバゲー、そういうところは実に実に巧妙に出来てます。
そら恐ろしいほどに。

2012. 02. 11  
参った、参った。
軽くハマっちゃいましたよ、ファイナルファンタジーブリゲイド。

モバゲーとスクエニのコラボのスマホゲームなのだが、最初こそ
「こんなクソつまらん手続きだけのゲームなんぞやっとれるか!」
と思っていたのに、気付いたらセッセ、セッセと……orz ←ダメ人間

それというのも、技やアビリティの名称が懐かしかったからなのだ。レッドロータスだのヘヴィスイングだの。
他の名称もFF由来の馴染み深いものばかり。
ジョブはもちろん戦士を選んだわけだが、そうすると自キャラがかつてヴァナに居たころのアバターにそこはかとなく似ていて、さらに郷愁をそそられたかもしれない。


モバイルSNSゲームに潜む恐るべき罠のからくりみたいなものについてのこんなまとめを読んだ直後であるからして、ここらで一発大々的に宣言しておかねばなるまい。




課金アイテムは買わない。

課金アイテムは買わない。



買わなきゃ遊べない進行になっているなら、ハイそれまでよ。
課金するくらいならちゃんと月額固定のMMOやりまっさ。スマホゲーにしては面白いとは思うけど、月々何百円円以上もつぎ込むほどじゃないわね。絵は可愛く動くけど、音がまったく無いし。まだなめこを育てる方が快楽的。

……なめこ可愛い。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm16686731

毎朝ヘビロテのんふんふ。これを聴かないと一日が始まらない。

なめこの出来の良いグッズがあったら買ってしまいそう。ヤバい。あとキュゥべえのストラップの付いた十六茶があったら多分買ってしまう。激ヤバい。でも実はぜんぜんヤバくない。何故ならとっくにどこも売り切れっぽいので(・ω・)

2011. 02. 17  
ごきげんよう、皆の衆。
私事多忙でログインが減ってしまったカテリーナよっ。

ヴァレンタインイベントは忙しすぎて完全スルー。気がつけば、季節はプリンセスデー。ひな祭り、ね。
でもなぜか咲いてるのは桜なのだわ。



桜は善いもの。
どこに咲こうといつ咲こうと、満開の桜ほど素晴らしい眺めは無いわ。
だから、桃の花でも橘の樹でなくてもゆるしてあげる。ホホホ。

でも、さすがにね。
リアルで色々あるから、というのもあるけれど、かなりモチベーションが下がってきたわ。
ランクが上がるほどに、ミッションの内容がつまらなくなってきたのだもの。薄いというか、浅いというか、NPCたちの関係が絡み合ってワクワクできた当初の勢いが無くなっているというか。

幻術は40になって、レイズも覚えたし、連続魔も使えるようになったのだけど。
この連続魔がまぁ、噴飯物のヘナチョコアクション。たった1回、キャストとリキャストが極短になるだけ。再使用まで5分。これじゃぁせいぜい、緊急時のスリプルやレイズが便利になる程度ね。ヴァナ民が連続魔という言葉に抱いていた華麗なイメージの片鱗も無いことよ。

なにかこう、もっとこう、春と桜に相応しい、ドキドキと胸踊るようななにかが実装されないものかしら。

……と思っていたら、あら、公式サイトにお手紙が。

第3回プロデューサーレター

んー。
アピールはもっとシンプルな方が心に響くと思うのだわ。


それでは皆様、春の息吹のようにやる気が盛り上がってきたなら、またお逢いできることよ♪

2011. 01. 23  
みなさま、ごきげんよう。

やっと幻術士が34になったカテリーナよ。
ずっと後から始めたフレにとうとう追いぬかれて、挽回できる気がしないわ。それくらい、ゆったりと生きてはいるの。

でもやめる気はまだないわ。
また、大掛かりな改革もどうやら来そうなのだもの。

第一回プロデューサーレター

さぁ、どうなっていくかしらね。
私としては、ジャンプの実装は是非していただきたいわ。どんなネトゲにも大抵はあるものよ。走る足があるかぎり、飛んだり跳ねたりは必然じゃぁないの。足首ほどの高さの段差も乗り越えられない冒険者がどこの世界にいるって話よ。

「かてりんの身長じゃジャンプしたって届かないと思うよ?」

ぷんすか。ちっちゃいほうが身軽なの!

さて、槍術士が20ランクのクエをクリアした上で、ギルドトークンを8000支払えば身につけられる特性スキル「クイックステップ」。
いったん習得すれば、どんなクラスでも使えるというから、せっせとトークンを貯めて、やっと手に入れたの。
これは、抜刀時の移動速度が2割アップするスキル。つまり、抜刀してても納刀時と同じ速度で動けるってことね。しかも常時発動。
これのおかげで、ソロ時の引き狩りがずっと有利になったわ。オススメよ! 足が速いって良い事ね。

「そして武器抱えたまま転ぶんですね、わかります」

……なんだか最近イジラれキャラになってきた気がするわ。萌えるでしょ? って言ってやったけど、ホホホ。

昨日はLSでモードゥナに遠足に行くというからパタパタとついて行ったの。
モードゥナは、現時点でのエオルゼアの最深部。BGMも禍々しい、荒れ果てた地。もちろん、ネトゲではこういうフィールドはありがちだけどね。大抵はラスボスのおわす場所、その周辺。ロード・オブ・ザ・リングの最終決戦地的雰囲気ね。



晴れていればけっこう見晴らしは良いのだけれど。

FFXIV_1295614197.jpg

なんだか怪しい天気になったり。
ヴァナディールではおなじみ、ごく限られた魔の領域でのみ発生する天候、妖霧というやつよ。
そしてこの妖霧の時に限り出現するノートリアスモンスターがいるらしいので、ちょっと探検に行ったら、いるいるw ドドレちゃんとその取り巻き。

50ランク上限の現状、まだまだ気楽に狩れるNMではないらしくて、普通に放置だったりするのね。いずれはボコボコにしてあげる♪


リーヴでのランク上げも良いけど、クルザスでのソロも好き。
今一番お気に入りなのは、ゴブリンフリーソードちゃんと遊ぶこと。ヴァナのゴブリンそのもの、そっくり。でもグラフィックがブラッシュアップされていて、可愛さが増してるわ。そしてヴァナのゴブと違ってノンアクティブなの。目が会うと寄ってくることもあるけど、襲っては来ない。平和的なのね。

201001231.jpg


でも容赦なく水や土砂をぶっかけて、クイックステップで引きずり回して追い剥ぎするんですけどね! 世界で一番凶悪凶暴なのはけっきょく人間ってことなのよ。ヲホホホ。


2011. 01. 01  
ランク30のメインクエとクラスクエを完了させた記念、および自分への年玉として、ギンブチ眼鏡(スペクタクルズ)とバーガンディローブを購入。

ffxiv20101231.jpg

このSSではくすんでしまったが、なかなか良い色合い。

他にもアクセサリーを銀や真珠に買い換えたり、久しぶりの散財を満喫。リーヴ回しをたくさんこなすと、ギルはどんどん貯まるしね。


リアルお正月のお楽しみとしては、近所のお寺に初参りしたり(寺なので人いなくてガラッガラ)、DVDを借りてもらったり、タイ焼き奢ってもらったり。DVDは「トイ・ストーリー3」と「ヒックとドラゴン」。まずはトイ・ストーリーを家族揃って鑑賞。良い出来だった。手に汗握る冒険と感動。やや予定調和を詰め込み過ぎだとも思ったけど、こういうジェットコースター感覚がハリウッド式の娯楽映画ってことなのだろうし、子供の注意をそらさない構成の手際は評価すべき点なのだろう。

すごくお腹いっぱいになったので、昨年度ピカイチとの評価も高いヒックとドラゴンは明日に回す。一日にステーキ2枚は食えないよ、ってことで。

2010. 12. 22  
皆様、ごきげんよう。気づけばフィジカルが40超えてるカテリーナよ。

エオルゼアにもクリスマスがやってきたわ。ああ、スクウェア・エニックス的には「星芒祭」と呼ぶのだったわね。宗教的な要素はまるで無いからみんな安心して満喫できるの。

ウルダハの飾り付けはこんな具合。
音楽はとてもしっとりとした、落ち着いた感じ。なかなかに和むことよ。



そして、街の大通りに出てビックリ。

FFXIV_1292461674.jpg

雪だー!

ウルダハは砂漠の街なのにね。不思議ね。でもまぁ、野暮なことは言いっこなしよ。とてもリアルに降ってくるのだけど、やっぱりこれは魔法みたいで、街の外に出てしまうとぱったり降りやんでしまうの。


ヴァージョンアップが何度か来て、リテイナーが増えたり、アイテム検索ができるようになったり、ちょっとずつだけど、エオルゼアの暮らしは前よりは快適になってるわ。
離れてしまったそこのアナタ? 試しにちょっと戻ってみませんこと? 今なら当分課金無料よ。


さて、先日プレイ始めたルガディンフレを、私のLSにご案内。
ウルダハの冒険者酒場でウェルカムパーティ。さすがはミコッテLS、猫猫猫猫ララルガディン。

FFXIV_1292589354.jpg
ん……あら? ハーレムになってない?>ルガディン

……中の人が、とか言っちゃダメ、野暮ってものよ!


リーダーがこの日実装されたばかりの衣装、コーティをプレゼントしてくれたわ。
ミコッテやエレゼン女性が着ると、それはそれはデコルテラインが麗しい、優美な装備よ。
ララフェルが着た場合は……まぁしょうがないわよ、それは。

リーヴでオールドセネシャルコーティーという色違い衣装も手にいれたので、こちらは初代リテイナーに着せてみたわ。女性が着るとデコルテライン、男性が着るとあくまでフォーマル。リテイナーはエレゼン男に限るわね。

FFXIV_1292829904.jpg

なお二人目のリテイナーも当然エレゼン男性よ。うっふっふ。

星芒祭イベントの一環として、アイテムを集めて製作したり、旅をして交換してもらったりして、サンタ衣装が手に入るの。
なかなか素材のドーマウスの皮が手に入らないので狩りに行こうとしてたら、LSの裁縫トップ職人さんが完成品を気前よく譲ってくれたわ。
サテンのテカテカ感がステキ。

FFXIV_1292909706.jpg

とりあえず嬉しいので踊ってみたり。

裁縫師のランクが高いと、高級なツールを使うらしくて、そのツールにサボテンダーが描いてあるとか、いろいろ可愛いこだわりもあるわね。



この頃は、LSのみんなでPT組んでリーヴも良く行くようになったわ。PTは修練値は不味くなったままなのだけど、ワイワイやるのはやっぱり良いものよ、ソロばかりじゃホント、飽きちゃうもの。リーヴはギルやアイテムの報酬も潤沢だしね。
メインクラスの幻術はやっと28。サイレナ、ポイゾナ、パラナ習得。ますます白魔道士っぽくなってきたかも。でも精霊攻撃も強いのよ?
目標は、まず30にして、メインクエを進めること。
そして38で覚えるレイズ。
まだまだ先は、遠いわね。

2010. 12. 08  
ピンク、ピンク、ピンクのお洋服ーっ♪♪♪


……ネトゲの中でぐらい、いーじゃんか……(´・ω・`)

ffxiv101207.jpg

ね?

フューシャ、という染料でカンバスを染めた装備が可愛いピンク色なのである。
このSSだと手袋とボトムがまだ色違いだが、さきほどめでたく全身ピンクとあいなった。
やっぱピンクはいいわねぇ。心が浮き立つ乙女気分♪
次に目指すのは濃厚なワイン色のバーガンディ装備かな。


*****************

FF11で同鯖だった古くからのフレが、UI改善の噂を聞いてエオルゼアにやってきてくれたのだった。

うっわー、肉体派のルガディンだ! 超希少種。見渡す限りミコッテとララフェル、って感じのエオルゼアだから、威風堂々たるルガディン闘士はそりゃぁ目立つのだった。

FFXIV_1291615992.jpg

圧倒的な筋肉という説得力。やっぱり重武器振り回して欲しいなぁ、こういうボディの持ち主は。

とはいえ、エオルゼアでは筋力や知性というステータスが相当自由にいじれるので、ヴァナのような厳然たる種族差は実は存在しない。
ステータス調整次第で、この巌のようなルガディン闘士と同等の脳筋戦闘をララフェルだって繰り広げることが可能になっている。自由度の高さを愛する私にとっては、なんとも心躍る設定なのだ。

手元に拾い集めた素材で、ホラという格闘武器が製作可能だったので、彫金師に着替えてコンコン。
あら、HQ来ちゃった、それも+2!
こりゃぁ格闘やるしかないか、ってんでウルダハ近辺をウロウロ。リーヴも回してあっという間にランク9。速い速い。

そしてなんとリーヴ報酬で、初期両手斧まで手に入ってしまった。
こりゃぁ戦士もとい斧術師やるしかないってんでウルダハ近辺サーチ・アンド・デストロイ続行。
いや~やっぱり前衛楽しいね! 武器で直接ボッコボコにするあの感覚がたまらなく好きだ。このまま前衛よりのランクに走ろうかなぁ……。


とは言え、メインクエストだって進めたい。相棒になってくれた麗しのエレゼン♂とまたデートがしたいのだ! ってんで、次のクエストのフラグが立つランク26まで幻術を必死で上げるアタクシ。

ああでも、短いデートだったわ……(´д`)
次逢えるのはいつかしら。えー、ランク30到達が条件? 先、長いね!
2010. 11. 29  
大がかりなヴァージョンアップが行われ、UIや戦闘などに多数の改善が行われたFF14。
ごっそり減ってしまった顧客は果たして呼び戻せるか。
とりあえず、私の属するリンドブルム鯖には、少しばかり活気が戻ってきたようである。

個人的には、UI周りはまだまだ満足には足りない。確かに相当早くはなった。しかし元々があまりにノロノロだったので、マシになったとはいえ快適にはほど遠い。隔靴掻痒の感は残るのだった。

そしてRPGゲームの根幹である、戦闘によるキャラの成長のシステムが大幅に変更された。
詳しい解説は省くが、以前と異なり、PTが不利になりソロが有利になっているようだ。

獲物の数も増やされているようなのだが、効率を求めるプレイヤーの「楽に狩れる敵ばかり集中して乱獲」というお定まりの行動によって、HPが高くて狩りにくい大型モンスばかりが余って余って群を成している、というちょっと異様な風景が出現したりしている。みんなもっとアルドゴート狩ろうよ! あいつら変なAI持ってるから、ゾロゾロと大群でこっちの後をつけたりしてきて不気味なんよ!

反面、HPが低くて狩りやすいという点でプレイヤー達から猛烈に愛され始めたらしいのが、コブラン族。
FF11には「我々のコリブリ」という言葉があったようだけど、VU後ただちにエオルゼアにおいては
「我々のコブラン」
という状態になっているようで、それはそれは凄まじい取り合い。

一見キモい外見だけど、妙な愛嬌に満ちたコブラン。こんなSSも撮っていたっけ。

FFXIV_1287726132.jpg

死に絶えるときのSEとか、スタッフのこだわりが見えるようで味わい深い奴らなんだよね。


しかし私は取り合いは大の苦手なので、あくまでソロプレイで気ままに乱獲できる場所を求めて彷徨うのだった。
エーテライトから遠く離れる事が必然的に多くなる。
となると、MPの確保がとても重要になってくる。
それでなくても貴重なMP回復手段である、クラスチェンジによるアクション入れ替え(トランキリティとエグザルト)がリキャスト共有に変更されてしまって、お手上げになるところであったのだが
「神は言っている。呪術のアクション【サイフォマッジ】で死体からMPを吸い上げろ、と」
という、ミコッテLSからの有り難いお告げを賜ったので、猛然と呪術師を上げ始めたのであった。
結果、相手からのダメージをMPに変換する【マインドスパイク】と「サイフォマッジ】(別に死体からでなくてもMPは吸える)の二つのアクションを駆使することによって、エーテライトに頼らないMP供給が可能になった。
もちろん、ソロプレイ限定だけど。

なんだかんだ言いながら、エオルゼアライフを満喫しているアタクシ。
9月から開始してはや二ヶ月。そろそろこんなゲーム耽溺もほどほどにしないと、心身共にダメになるとは判って居るんだけどね。
ドレ画の「神曲」「失楽園」「旧約聖書」が3冊揃って図書館から届いているってのに、いつ読むんだアタシ。

と自分を叱ってはみても、気が付けばログインしてちゅーちゅーMP三昧。馬鹿じゃなかろうか。いや馬鹿である。疑問の余地はない。

そして製作中も狩り中も微妙にヒマなので、相変わらず隣モニターであれこれ今期アニメを拾い食い中。それ町いいなぁ可愛いなぁ。
2010. 11. 18  
スットコドッコイシステムの改善が遅々として進まないFF14。11月21日にはCE組の無料期間が終わってしまうと言うのに、大型アップデートの日付さえ発表されない。
「このままVUより先に課金が来て、『はいはい、成果が見られるのは月額払ってくれた人だけねー』ってことになるのかなぁ」
と思うと、急激にやる気が失せてしまっていたのだった。
だが一昨日の夜中に「再度無料期間を一ヶ月延長します」という告知が来ていた。
どうも、状況はあまり芳しくないようだ。
課金開始直後のVU内容が価値あるモノだという自信があるならば、予定どおりに課金を開始したのではなかろうか。つまり、11月下旬のVUはショボいものにしかならない可能性が大。ハラホロヒレハレ。

ソロでも楽しめるように、リーヴという特別報酬コンテンツが36時間ごとに配給されるシステムがあるのだが、私はこれのせいで自縄自縛プレイに陥り、気が付けば疲れていたという現状でもある。
普通にランク上げをこなすより、リーヴを受けた方が遙かに効率が良いし、トクなのである。
「やらなきゃ損々、やらなきゃ損々♪」とばかりに、戦闘採集製作合計16個のリーヴを36時間ごとにきっちり消化するプレイ。
ハッと気づけば、「損々♪」がすっぽり抜け落ちて、「やらなきゃ、やらなきゃ……」とノルマに追われるが如き気分になっていた。
目を覚ませ私! これはゲームなんだぞ! 楽しめなければ意味は無い!

リテイナー含めて、手持ちの素材を大幅に処分した。
最低限の装備と修理道具だけ持って、ツルハシもまさかりも草刈鎌もリテイナーに預けてしまい、気ままな放浪の旅に出ることにした。
リーヴなんて知らない。トクかどうかなんてどうでもいい。気の向くことだけ当分やろう。
目指すはクルザス。LSの先輩達が連れて行ってくれた、高原地帯である。
高い空。澄み切った空気。心洗われる清らかなBGM。

FFXIV_1289737458.jpg

突撃イノシシ狩り、楽しゅうございました。



おっと、放浪に出る前に、メインクエストだけはウルダハで進めておこう。せっかく幻術20超えたし。

**********************
皆様、ごきげんよう。
製作を放棄したら、武器防具が自分で修理できないランクになってきたカテリーナよっ。
あまり修理屋相手に無駄金を払いたくはないのだけれど、仕方がないわね。この世界、どうやら自給自足は行き詰まるように出来てるっぽいわね。
人は独りでは生きてはいけない、なんて昔から言うわけだけど、だからなのかしら。
ウルダハの人達のスッタモンダに付き合っているうちに、どういうわけやら、私に「相棒」が出来ることになったの。
いったいどんな相手なのかしら。
出来れば、若い男が良いわね。
あと、馬鹿は嫌いよ。
根性の座ってないヘタレもお断り。
そしてなにより、私は無礼者が大嫌いなの。ぞんざいな口をきく奴、幼稚な奴、偉そうな奴、自慢と愚痴ばかりこぼす奴、そういうのと付き合うなんて考えただけで、おおブルブル、寒気がするわ。

やってきたのは……。

11169.jpg

あらまイケメン。細マッチョ。肌が黒くて、長い銀髪を首の後ろできりりとまとめた、私と同じ真っ赤な瞳の剣術師、だったのだわ。清潔感と気品があるわ。
そして、なにより、礼儀正しい。紳士的。
最高だわ。
花は桜木、男は紳士、よっオーホホホホ。

とりあえず酒場でデートして、なにかあったら専用LSで連絡を取りあうことになったの。
具体的には私のランクがなにか23になるまでは逢えないってことね、どうやら。
ええ、頑張るわ。もう少しだけ、頑張るわ。

***********************

実はこの相棒選びのシステムはノーセンス設計だったらしく、余程慎重に進めないと、まったく好みで無い相手を押しつけられて変更も(今はまだ)不可、という怖ろしいウワサを聞いていたので、じっくり、じっくりと相手は選んだのだった。
も・ち・ろ・ん。
このアタクシにエレゼン♂以外の選択肢なんぞあるわけも無いけどね! ヲーホホホホホ!( ̄▽ ̄)

というわけで幻術の修練値を稼ぐべく単身クルザスへ。
いかにも高原というか、アルプスの少女ハイジ気分になるというか、厳しくも爽やかな景観の、しかも人の少ない過疎エリアである。

FFXIV_1289955512.jpg

谷、湖、針葉樹。いかにもなケルトなムード。

幻術21から見てキャンプ・グローリー周辺のテロックが緑か黄色。比較的柔らかく、美味しく頂けます。
ソロはMP管理が大変だけどね。節約術を身につけないと魔導師なんてやってられないのはMMOのお約束。

FFXIV_1289965977.jpg

風車もあるでよ。


プロフィール

星 ゆう輝

Author:星 ゆう輝
人生50年、オタク歴40年弱、母親業四半世紀。老眼とボケが迅速に進行中。麗しいロボ執事をはべらせるのが老後の夢。

カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。